懐かしい風景を求めて
懐かしいもの、昭和なもの大好きな変わり者です。 旅行に写真にドライブに野球に酒に多趣味な管理人が気ままに書いてます。
プロフィール

ねじまき

Author:ねじまき
中高時代は鉄道好き、大学以降は旅行好き、社会人でカメラに目覚め、ここ数年でまた鉄道熱が復活した管理人です。
表題の通りノスタルジックな風景が大好きで、廃墟・ホーロー看板・木造駅舎・商店街・坂道・酷道などをこよなく愛す変な人です。



閲覧ありがとうございます!



アクセスランキング

[ジャンルランキング]
旅行
190位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
18位
アクセスランキングを見る>>



最新記事



最新コメント



カテゴリ



最新トラックバック



月別アーカイブ



フリーエリア

沖縄 旅行情報
沖縄旅行情報



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



2014.7 鉄旅北東北 第8回 大鰐温泉街、早朝散歩
P7264221.jpg

旅の2日目は、大鰐温泉からスタートとなります。
前夜に泊まった宿で朝風呂を楽しんだ後は、少し早いですが町の散策へと繰り出します。

P7264226.jpg

大鰐温泉は平川沿いに開けた800年の歴史を誇る温泉地。
平川に架かる青柳橋から見えたヤマニ仙遊館さんも、歴史ある温泉旅館のようです。

P7264231.jpg

ヤマニ仙遊館の並びにある共同浴場・大湯会館。
朝6時から営業していて、地元の方でとても賑わうという、活気ある共同浴場。
入ろうかなとも思ったんですけど、宿で朝風呂に入ったばかりだったのでスルーしました…。

大鰐にはここを含め9箇所の共同浴場があり、入浴料はいずれも200円と良心的。
また来た時にはどこかに入りたいですね。。。

P7264234.jpg

再び青柳橋で平川を渡り、1枚目の写真と同じ津軽味噌醤油株式会社さんの前を通過。
マルシチ津軽味噌醤油というのは商標でしょうかね。
1910年創業。100年以上の歴史を誇ります。
日本で唯一、温泉の熱を利用して醸造しているそうです。

P7264235.jpg

振り返って津軽味噌醤油さんと、青柳橋。
なんかいろんな建物がつぎはぎのように立ち並ぶ姿が自分好みですね。

P7264236.jpg

温泉街の小道をぶらり。

P7264242.jpg

温泉旅館、温泉民宿がたくさん。
結構名前に「○○の湯」と冠してあるので、共同浴場かと思ってしまいますが、
近づいてみると旅館や民宿、というのが多いです。

P7264248.jpg

駅から温泉街へと続いて来る道。
温泉街では「ゆけむり商店街」という名前がついています。

P7264253.jpg

ゆけむり商店街を西へと進むと、道は平川を渡ります。
(写真は東の温泉街方向を向いて撮影)
自分はこのまま西にある大鰐温泉駅へと向かっています。

P7264254.jpg

橋の西側(駅側)は、手古奈商店街という商店街になります。
こちらも地元の方向けの商店が立ち並んでいるようですが、
朝6時台ではさすがに営業している店はないですね。
地元の方が軒先で朝のおしゃべりに興じておられました。

P7264255.jpg

靴屋に間借りしてるスタジオ?

P7264260.jpg

手古奈商店街は小さくカーブしながら伸びています。

P7264261.jpg

はい、商店街を抜けて駅前に到着です。
上の写真の右奥に見える赤い屋根のがJR大鰐温泉駅。

P7264262.jpg

この小さな建物が大鰐町役場、な訳はなく。
大鰐町消防団第一分団の機会置場、だそうです。

次回は駅の方を紹介します…。



続く

スポンサーサイト


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://tetsuya1013.blog129.fc2.com/tb.php/1345-c285b7a1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)