懐かしい風景を求めて
懐かしいもの、昭和なもの大好きな変わり者です。 旅行に写真にドライブに野球に酒に多趣味な管理人が気ままに書いてます。
プロフィール

ねじまき

Author:ねじまき
中高時代は鉄道好き、大学以降は旅行好き、社会人でカメラに目覚め、ここ数年でまた鉄道熱が復活した管理人です。
表題の通りノスタルジックな風景が大好きで、廃墟・ホーロー看板・木造駅舎・商店街・坂道・酷道などをこよなく愛す変な人です。



閲覧ありがとうございます!



アクセスランキング

[ジャンルランキング]
旅行
160位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
15位
アクセスランキングを見る>>



最新記事



最新コメント



カテゴリ



最新トラックバック



月別アーカイブ



フリーエリア

沖縄 旅行情報
沖縄旅行情報



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



2014.7 鉄旅北東北 第13回 川部駅と板柳駅など
P7264386.jpg

弘前を出たリゾートしらかみは、川部で進行方向を変えて五能線に入ります。
進行方向を変えるための停車時間が7分間。その時間を利用して、もちろん駅の外へ…。

P7264379.jpg

川部駅(青森県南津軽郡田舎館村)
1894年開業。木造駅舎は開業当初からのもので、日本最古とも言われます。
開業当初は「川邊」で、1986年に今の「川部」に改称されたそうです。
かつてここから黒石までを結ぶ国鉄黒石線(後の弘南鉄道黒石線)がありましたが、
そちらは既に廃線となってしまっています。

P7264383.jpg

駅前旅館が2軒ほど。○精と書いて「マルセ」旅館さんと、工藤旅館さん。

P7264388.jpg

五能線の終点になる川部駅。
列車は全て弘前まで乗り入れています。

7分間の停車時間はあっという間に過ぎ去り、列車は五能線へと入っていきます。
川部8:55着、9:02発。

P7264397.jpg

そして着いたのが、「りんごの里」こと板柳。9:11着。
リゾートしらかみとはここでサヨナラ。指定券510円が勿体無い気はしますが、
本数の少ない五能線では貴重な移動手段のひとつですから、文句は言えません。

P7264405.jpg

板柳駅前に続いていく、駅前通り。

P7264410.jpg

板柳駅(青森県北津軽郡板柳町)
1918年開業。木造駅舎が健在です。
五所川原駅長管理下の業務委託駅。一応有人です。
2014年度、一日平均乗車人員は379人。わりと多いな、というのが正直な感想。

P7264413.jpg

板柳駅では9:11に着いて次の9:57発の後続列車まで46分間の滞在。
町並み紹介サイトで板柳の町並みに惹かれたので、散策をしに来た訳であります。
駅舎も木造ですし、駅前に温泉もあるので、途中下車する価値は大いにあるかと。

P7264415.jpg

密集してはいないかもしれませんが、商店が多く集まる駅前通りです。

P7264417.jpg

駅前通りをずっと進むと右手にある板柳町の町役場。

P7264419.jpg

次回も板柳の町並みになります…。



続く

スポンサーサイト


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://tetsuya1013.blog129.fc2.com/tb.php/1350-e4a0cec8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)