懐かしい風景を求めて
懐かしいもの、昭和なもの大好きな変わり者です。 旅行に写真にドライブに野球に酒に多趣味な管理人が気ままに書いてます。
プロフィール

ねじまき

Author:ねじまき
中高時代は鉄道好き、大学以降は旅行好き、社会人でカメラに目覚め、ここ数年でまた鉄道熱が復活した管理人です。
表題の通りノスタルジックな風景が大好きで、廃墟・ホーロー看板・木造駅舎・商店街・坂道・酷道などをこよなく愛す変な人です。



閲覧ありがとうございます!



アクセスランキング

[ジャンルランキング]
旅行
155位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
17位
アクセスランキングを見る>>



最新記事



最新コメント



カテゴリ



最新トラックバック



月別アーカイブ



フリーエリア

沖縄 旅行情報
沖縄旅行情報



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



2014.7 鉄旅北東北 第20回 五能線の旅を終える
P7264597.jpg

木造の町歩きの続きになります。
町のメインストリートの裏手に流れる小さな川沿いは歩道が整備されていました。

P7264600.jpg

P7264606.jpg

再び駅前へ。駅前通りにあった建設会社の奈良商事さん。
こちらの建物も惹かれる佇まい。

P7264610.jpg

木造13:12発の弘前行き普通列車(829D)の到着です。
結局木造の食堂でお昼を食べる時間はなく、ゴハンはお預け状態で旅を続けます。

P7264613.jpg

木造~五所川原間の車窓からは、このタイプの民家が目立っていましたね。
屋根に小さな屋根?が乗ったような構造で、屋根に積もった雪を割る「雪割り」、そして
内部の囲炉裏の煙を抜く「煙出し」などの働きを持つものです。
津軽地方でよく見られる古いタイプの民家のようです。

P7264614.jpg

岩木川を渡ると再び五所川原。

P7264615.jpg

晴れても岩木山は雲に覆われていたのは、残念…。

P7264619.jpg

リニューアルされてはいるものの、木造駅舎が使われる鶴泊駅。
今年(2015年)春から無人化されてしまったようです。。。

同じく五能線で鶴泊にも近い藤崎駅にも渋い木造駅舎があったようですが、
2013年に解体され、今では新駅舎に変わってしまっています。
なかなかタイミングが合わないもので、残念でなりません。

P7264623.jpg

P7264627.jpg

板柳~藤崎あたりの沿線にはリンゴを保管する冷蔵倉庫が多く立ち並んでいて、
さすがはリンゴ県(?)青森、といったところでしょうか。

P7264630.jpg

13:50川部着。列車は弘前へ向かいますが、自分は方向を変えて青森方面へ。
これにて五能線東端のプチ旅行は終了となります。
乗り通しと東側の散策は済んだので、次回の機会には西部のローカル駅を巡りたいですね。

川部では5分接続にて、13:55発の青森行き普通列車に乗り込みます…。



続く

スポンサーサイト


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://tetsuya1013.blog129.fc2.com/tb.php/1357-89d564ff
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)