懐かしい風景を求めて
懐かしいもの、昭和なもの大好きな変わり者です。 旅行に写真にドライブに野球に酒に多趣味な管理人が気ままに書いてます。
プロフィール

ねじまき

Author:ねじまき
中高時代は鉄道好き、大学以降は旅行好き、社会人でカメラに目覚め、ここ数年でまた鉄道熱が復活した管理人です。
表題の通りノスタルジックな風景が大好きで、廃墟・ホーロー看板・木造駅舎・商店街・坂道・酷道などをこよなく愛す変な人です。



閲覧ありがとうございます!



アクセスランキング

[ジャンルランキング]
旅行
155位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
17位
アクセスランキングを見る>>



最新記事



最新コメント



カテゴリ



最新トラックバック



月別アーカイブ



フリーエリア

沖縄 旅行情報
沖縄旅行情報



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



2014.7 鉄旅北東北 第34回 八戸から陸奥湊へ
P7275149.jpg

12:05、八戸着。
南部地方の中心地として発展を続ける八戸の玄関口。
一時は東北新幹線の終着駅となるなど、駅は近代的で立派ですね。

以前の稚内を目指した旅で乗り換えだけしましたが、列車で来て駅前に出るのは初。
車の旅行で駅前に来たことはあったんですけどね。
やっぱり鉄路で来ることに意義があります。

P7275152.jpg

駅前は広々。ホテルが数軒ある以外はコレといったものは無いように思います。
というのも、八戸駅って市街地から2~3km離れてるんですよね。
最寄りは八戸線の本八戸駅になります。

P7275155.jpg

駅に掲げられる八戸三社大祭の巨大ポスター。
数ある東北の夏祭りのひとつで、これも開催の直前でしたね。

P7275157.jpg

ここから乗るのは、観光列車「リゾートうみねこ」です!
別にコレに乗りたいからではなく、ちょうどプラン上これになっただけですけどね。

それなりの乗車率でボックス席に相席して座りました。
乗客は半分くらいは市内へ移動するだけのお客さんのようでした。

P7275159.jpg

リゾートうみねこですが、自分も八戸市内で下車します。
八戸の町をスルーするのは勿体無いかな、と。
このリゾートうみねこで行かないと、次の八戸線は3時間くらい後になるんですけどね。
その間の時間を八戸散策に充てたいと思います。

P7275163.jpg

下車したのは八戸から4駅目の陸奥湊駅。
八戸港に近く、駅近くには魚介類の市場が多い、その名のとおり「湊」の駅です。

P7275161.jpg

小規模なロータリーにタクシーが常駐。
駅前の風景が既に魅力的すぎですね。
これから始まる町歩きに期待が膨らみます。

P7275162.jpg

P7275167.jpg

駅前(北口)の県道1号線を左へ(西へ)と歩いて行きます。
駅は少し高い位置にあるようで、駅からは緩い下り坂に。
時間が時間だけに開いてませんが、何とか市場と名の着いた建物がいっぱいです。

P7275169.jpg

次回も八戸散策を続けます…。



続く

スポンサーサイト


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://tetsuya1013.blog129.fc2.com/tb.php/1371-d08e3b71
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)