懐かしい風景を求めて
懐かしいもの、昭和なもの大好きな変わり者です。 旅行に写真にドライブに野球に酒に多趣味な管理人が気ままに書いてます。
プロフィール

ねじまき

Author:ねじまき
中高時代は鉄道好き、大学以降は旅行好き、社会人でカメラに目覚め、ここ数年でまた鉄道熱が復活した管理人です。
表題の通りノスタルジックな風景が大好きで、廃墟・ホーロー看板・木造駅舎・商店街・坂道・酷道などをこよなく愛す変な人です。



閲覧ありがとうございます!



アクセスランキング

[ジャンルランキング]
旅行
176位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
19位
アクセスランキングを見る>>



最新記事



最新コメント



カテゴリ



最新トラックバック



月別アーカイブ



フリーエリア

沖縄 旅行情報
沖縄旅行情報



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



2014.7 鉄旅北東北 第39回 八戸線の車窓から
P7275337.jpg

鮫15:18発の八戸行き普通列車、のサボ。

P7275342.jpg

3時間ほど前に散策した陸奥湊に再び。15:24陸奥湊着。
そしてやって来る15:28発の久慈行き普通列車(443D)。
これに乗り換えて、久慈を目指して八戸線を一気に走破します…。

青春切符の時期ですし、本数の少ない久慈行きとあって窓際に座れないかもな…、
と半分くらい諦めていましたが、予想外にお客さんが少なくて拍子抜けしてしまいました。
難なく進行方向左側(海側)の窓際席をゲット。

P7275345.jpg

鮫を過ぎたあたりで車窓に現れるのが、前回記事でも触れた蕪島。
4月下旬から産卵が始まり、一ヶ月で孵化、そして7月下旬に巣立ち、ということなので、
この時(7月27日)は巣立ちの時期だったようですね。
時期が過ぎるとウミネコの姿も見られなくなるようです。

P7275349.jpg

同じく蕪島。すぐ隣に砂浜があり、結構たくさんの人がいましたね。
ウミネコの繁殖シーズンは終わりですが、海水浴シーズンはまだ続く訳ですな。

P7275354.jpg

蕪島を過ぎると鉄路は半島を回り込むような形で、針路を南東へ変えます。
白浜の海岸沿いを行きますが、撮影するには手前の防砂林が邪魔かな。
目で見る分には十分キレイなんですけどね。

P7275361.jpg

陸奥白浜駅あたりから見える白浜海水浴場。
その名のとおり、白い砂浜ですね。

P7275362.jpg

種差海岸駅に停車中に撮影。
八戸線沿線を代表する景勝地・種差海岸。
海岸沿いに広がる草原が印象的ですが、走る列車から撮影する場合、
あまり撮影できるポイントは無いようです。

八戸側から乗った自分の場合、陸奥白浜を出て種差海岸に差し掛かるくらいに
一瞬だけ草原の風景が見えただけで、慌ててカメラを構えても間に合わず、
その後も粘りましたが、結局チャンスは最初の一瞬だけでした…。

P7275372.jpg

階上駅。八戸線で木造駅舎が残る数少ない駅でしたが、
その駅舎も近年建て替えられてしまいました。
今はもう鮫駅だけしか木造駅舎は残っていないんですね…。

P7275373.jpg

海と夏空の車窓。
雲がトビウオみたいに見えました。。。

P7275375.jpg

八戸線の主要駅、種市駅にて。
九戸郡洋野町の中心地。そうそう、もう岩手県に入っているんですね。

P7275380.jpg

種市を過ぎると、八戸線の旅も終盤戦ですね。

P7275390.jpg

最後、陸中八木の手前から陸中中野あたりまでは、結構海に近い場所を走ります。

P7275404.jpg

陸奥湊から約1時間半、16:57に終点・久慈駅に到着しました。
本数が少ないのが玉に瑕かも知れませんが、初めて乗った八戸線、
特に期待はしていなかった車窓風景が最高に素晴らしい路線でした。
もちろん、座席は海側で…!

さて、次は三陸鉄道・北リアス線ですが、17:25発まで28分間あるので、
久慈駅周辺をササッと歩いてみました。次回はその様子をアップしようと思います。



続く

スポンサーサイト


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://tetsuya1013.blog129.fc2.com/tb.php/1376-52d1a71f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)