懐かしい風景を求めて
懐かしいもの、昭和なもの大好きな変わり者です。 旅行に写真にドライブに野球に酒に多趣味な管理人が気ままに書いてます。
プロフィール

ねじまき

Author:ねじまき
中高時代は鉄道好き、大学以降は旅行好き、社会人でカメラに目覚め、ここ数年でまた鉄道熱が復活した管理人です。
表題の通りノスタルジックな風景が大好きで、廃墟・ホーロー看板・木造駅舎・商店街・坂道・酷道などをこよなく愛す変な人です。



閲覧ありがとうございます!



アクセスランキング

[ジャンルランキング]
旅行
190位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
18位
アクセスランキングを見る>>



最新記事



最新コメント



カテゴリ



最新トラックバック



月別アーカイブ



フリーエリア

沖縄 旅行情報
沖縄旅行情報



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



2014.7 鉄旅北東北 第44回 茂市駅の木造駅舎
P7285576.jpg

千徳から終点の茂市にやって来ました。茂市、5:53着。
乗ってきた列車は1番線に到着。ここはかつての岩泉線のホーム。
駅名板からは隣の駅名が消されていました…。

P7285574.jpg

岩泉線の名残を求めて1番ホームを歩いてみましたが、
証拠は見事に消し去られていました。ホントに何もない。

P7285565.jpg

茂市駅(岩手県宮古市茂市)
1934年開業。立派な木造駅舎が残っています。
かつてここから分岐していた岩泉線は、2010年の災害で不通となり、
その後復旧することなく、2014年3月で廃止されてしまいました。
自分が訪問する4ヶ月前のことです。

P7285571.jpg

しっかり有人駅。
駅舎内には冬用のストーブがそのまま置かれてますね。

P7285573.jpg

駅舎に飾られた「岩泉線の足跡」。
茂市駅に今残る岩泉線の痕跡は、この展示くらいでしょうか。

P7285577.jpg

片面+島式ホームの2面3線。
ホームを結ぶ跨線橋はなかなか年季が入っているようですね。

P7285587.jpg

茂市での滞在時間は約1時間。
ちょっと町の散策と朝食の調達へ…。

P7285588.jpg

実は駅に着いてすぐ、旧岩泉線のルートを走る連絡バスがありました。
急いで駅に貼られた時刻表を確認すると、コレに乗って隣の旧岩手刈屋駅に行き、
戻りのバスに乗れば時間内に茂市まで戻って来られるダイヤでした。
岩手刈屋も木造駅舎が残っているはず…。
ただ、往復すると茂市での滞在時間が全然無くなるので、バスは諦めました。

P7285590.jpg

茂市の町は結構小規模。
朝6時台であまりひと気のない町をブラブラ。
古い看板なんかを撮りながらゆっくり歩きます。

P7285591.jpg

茂市の町の北側を流れる刈屋川。
岩泉線はこの川沿いに奥地へ続いていました。

P7285593.jpg

国道106号線と国道340号線の交差点あたりから、茂市駅と集落の眺め。
交差点の近くにコンビニがあったので、結局そこで朝食を調達しました。

P7285600.jpg

茂市駅に戻って駅構内を撮影。
左へカーブして行くのが山田線・陸中川井方面。
右側へ直進して行く線路がかつての岩泉線。
学生時代に一度乗ったのが唯一の乗車となってしまいました…。

因みに正面に見えているのは、茂市小学校の校舎です。

P7285603.jpg

次の列車は6:57発の川内行き普通列車。
ちょうど宮古行きとここで交換するダイヤ。

直前に旧岩泉線の連絡バスが到着し、宮古市内へ向かう学生さんが大量に降りて来ました。
というか、岩泉線もこれくらいの学生さんの輸送需要はあったってことですよね。

P7285609.jpg

先に宮古行きが入線し、ホームの乗客は自分以外全員が乗り込んで行きました。
対する川内行き普通列車(633D)は単行。もともとの乗客1名+自分だけ。
ボックス席を余裕で占領し、更に山田線の奥地へと進んで行きます。



続く

スポンサーサイト


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://tetsuya1013.blog129.fc2.com/tb.php/1381-32d3ef58
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)