FC2ブログ
懐かしい風景を求めて
懐かしいもの、昭和なもの大好きな変わり者です。 旅行に写真にドライブに野球に酒に多趣味な管理人が気ままに書いてます。
プロフィール

ねじまき

Author:ねじまき
中高時代は鉄道好き、大学以降は旅行好き、社会人でカメラに目覚め、ここ数年でまた鉄道熱が復活した管理人です。
表題の通りノスタルジックな風景が大好きで、廃墟・ホーロー看板・木造駅舎・商店街・坂道・酷道などをこよなく愛す変な人です。



閲覧ありがとうございます!



アクセスランキング

[ジャンルランキング]
旅行
97位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
10位
アクセスランキングを見る>>



最新記事



最新コメント



カテゴリ



最新トラックバック



月別アーカイブ



フリーエリア

沖縄 旅行情報
沖縄旅行情報



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



2014.3 北陸駅舎巡りの旅 第5回 越中八尾の町並み~後編
P3298262.jpg

引き続き越中八尾の町並みを。

P3298263.jpg

西へと続く国道472号線は、なりひら通りという名前の付いた商店街となっています。

P3298267.jpg

さすが「おわら」の町。至る所で菅笠をかぶった女性の絵を見かけます。

P3298277.jpg

そしてこちらが南側に伸びる、諏訪町本通りの町並み。
江戸時代の町並みが今でも残っています。

P3298278.jpg

P3298280.jpg

八尾の諏訪町本通りは、日本の道100選のひとつに選ばれています。
石畳は少し整備された感ありますかね。
あと、電線が無いのは地下に埋めたから、でしょうか。
坂道と江戸時代の町並みはなかなか見応えアリです。

P3298285.jpg

軒先のおわら。

P3298289.jpg

やっぱり坂があることで、グッと魅力的な風景になるんですよね。

P3298295.jpg

P3298296.jpg

河岸段丘の上に栄えた越中八尾。
聞名寺の門前町をベースにしているんだそうです。

P3298301.jpg

そしてこちらが浄土真宗・聞名寺さん。
前回記事でもチラッと触れた、大きな寺院です。

さぁ、町歩きはこの辺で終了。
聞名寺の近くに聞名寺下というバス停があり、ちょうど駅に向かう便があったので、
戻りはそちらを利用して、ちょっと楽をしてみました。
山田コミュニティバスという、このエリアのコミュニティバス。
聞名寺下9:07発、越中八尾駅9:12着。
今調べたらこの時間帯の便が無かったので、ダイヤ改正で削減されたかも知れません。

P3298305.jpg

是非おわら風の盆の時に再訪してみたい、越中八尾でした。

9:32発の富山行き普通列車(855D)で、富山へと戻ります。
高山本線編は、西富山、速星、千里、越中八尾で終了。
富山に戻ってもまだ10時、まだまだ駅めぐりは続きます…!



続く

スポンサーサイト





コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://tetsuya1013.blog129.fc2.com/tb.php/1404-32674faf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)