懐かしい風景を求めて
懐かしいもの、昭和なもの大好きな変わり者です。 旅行に写真にドライブに野球に酒に多趣味な管理人が気ままに書いてます。
プロフィール

ねじまき

Author:ねじまき
中高時代は鉄道好き、大学以降は旅行好き、社会人でカメラに目覚め、ここ数年でまた鉄道熱が復活した管理人です。
表題の通りノスタルジックな風景が大好きで、廃墟・ホーロー看板・木造駅舎・商店街・坂道・酷道などをこよなく愛す変な人です。



閲覧ありがとうございます!



アクセスランキング

[ジャンルランキング]
旅行
186位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
20位
アクセスランキングを見る>>



最新記事



最新コメント



カテゴリ



最新トラックバック



月別アーカイブ



フリーエリア

沖縄 旅行情報
沖縄旅行情報



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



2014.3 北陸駅舎巡りの旅 第15回 西岸駅の木造駅舎
P3298642.jpg

そのまま七尾へは戻らず、前回記事で言及した西岸駅で途中下車します。

西岸駅、17:32着。

前回のレンタカーの旅で見落としてしまった西岸の木造駅舎を拝むのが、
今回の旅の大きな目的のひとつだったので。。。

P3298643.jpg

西岸駅(石川県七尾市中島町外)
1932年、国鉄七尾線の駅として開業。
開業当初から使われている木造駅舎が健在。
アニメ「花咲くいろは」の中に出てくる湯乃鷺駅のモチーフになった駅として、
ファンの間では「聖地」扱いをされています。

P3298647.jpg

1972年に無人化された西岸駅。
窓口は塞がれてはいませんが、すりガラスで中はよく見えません。
駅舎の内壁は改修されているようで、新しい板張りになっていました。

P3298652.jpg

ベンチにはこんなのが。

P3298658.jpg

こちらはホーム側からの木造駅舎。
柱や壁が緑色なのが印象的です。
駅舎の両出入口はアルミ製の引き戸になっていますが、窓枠なんかは木のまま。

P3298660.jpg

ホーム側に掛けられている、古い駅名標。

P3298663.jpg

ホームは対面式の2面2線。
こちらの駅名標はアニメとコラボした企画で設置されたもの。
物語の中に出てくる駅名、湯乃鷺。

P3298668.jpg

駅前を行く国道249号線。
郵便局があるくらいで、他には特に何もない駅前です。

P3298669_20151129005150638.jpg

駅舎の真ん前には神田酒店の看板が掲げられていますが、営業されてないっぽい…?

P3298672.jpg

神田酒店さんの前の自動販売機もコレもんですから。。。

P3298673.jpg

駅舎に戻って、駅ノート、というか聖地巡礼ノートでしょうか。
後続の18:17発の七尾行きまで、しばらく時間を潰します。

P3298680.jpg

駅舎内に貼られたポスター。
これでもか、と花咲くいろはネタばかりです。

P3298683.jpg

窓口にも湯乃鷺のサボ。。。

このほか、たくさんのフィギュアが置いてあったり、いろいろな切符が貼られていたり、
何かマニアックさ漂う西岸駅なのでした。
ただ、木造駅舎としては素晴らしいことに変わりはありません。

P3298694.jpg

3月は18時を回ると暗くなりますね。。。
約45分を過ごして、西岸駅を離れるのでした。



続く

スポンサーサイト


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://tetsuya1013.blog129.fc2.com/tb.php/1414-1ee7c7c0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)