懐かしい風景を求めて
懐かしいもの、昭和なもの大好きな変わり者です。 旅行に写真にドライブに野球に酒に多趣味な管理人が気ままに書いてます。
プロフィール

ねじまき

Author:ねじまき
中高時代は鉄道好き、大学以降は旅行好き、社会人でカメラに目覚め、ここ数年でまた鉄道熱が復活した管理人です。
表題の通りノスタルジックな風景が大好きで、廃墟・ホーロー看板・木造駅舎・商店街・坂道・酷道などをこよなく愛す変な人です。



閲覧ありがとうございます!



アクセスランキング

[ジャンルランキング]
旅行
165位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
17位
アクセスランキングを見る>>



最新記事



最新コメント



カテゴリ



最新トラックバック



月別アーカイブ



フリーエリア

沖縄 旅行情報
沖縄旅行情報



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



2014.3 北陸駅舎巡りの旅 第24回 追分口駅と越前新保駅
P3308996.jpg

勝山永平寺線の駅舎巡りも終わりが近いです。
終盤に降り立ったのは、この細~い島式ホームを持つ駅。

P3308997.jpg

こちら、追分口駅です。
駅舎の向こうの家も駅舎の一部みたいに見えちゃいますかね…?

P3309002.jpg

追分口駅(福井市上中町)
沿線の他の駅より1年遅い1915年開業。
狭い島式ホームに、小さめの木造駅舎を持つ駅です。

P3309003.jpg

駅前は細い道路がクランクしながら続くだけで、特筆すべきものはありません。

列車が30分間隔で走る勝山線、そして駅間が近いということもあり、
ここでもひと駅分歩いて次の30分後の列車に乗ることにします。

P3309006.jpg

ひとつ福井寄りの越前新保駅まで、距離約1km。急ぎめで徒歩10分ちょい。
駅の近くで「さくらまつり」の幕がありましたが、北陸の3月末ではまだ咲いてないでしょ。

P3309008.jpg

越前新保駅(福井市新保)
1916年開業。妻面に出入口を持つ、小規模な木造駅舎があります。
駅前スペースには所狭しと車が停められてます。

P3309010.jpg

福井農林高校が近いため、学生さんがたくさん。
駅舎内は学生さんに占拠されていたので、写真は撮れませんでした。。。

有人駅ということで、勝山永平寺線における主要駅のひとつになるようです。

P3309012.jpg

駅舎はホームよりも低い位置になります。
ホームは島式1面2線。多くの列車がここで交換します。

P3309022.jpg

雨の越前新保駅の風景。
列車の時刻が近づくと、学生さんがホームへ…。

P3309024.jpg

列車交換風景。ここからまた福井方面へ。



続く

スポンサーサイト


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://tetsuya1013.blog129.fc2.com/tb.php/1423-c2c59518
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)