懐かしい風景を求めて
懐かしいもの、昭和なもの大好きな変わり者です。 旅行に写真にドライブに野球に酒に多趣味な管理人が気ままに書いてます。
プロフィール

ねじまき

Author:ねじまき
中高時代は鉄道好き、大学以降は旅行好き、社会人でカメラに目覚め、ここ数年でまた鉄道熱が復活した管理人です。
表題の通りノスタルジックな風景が大好きで、廃墟・ホーロー看板・木造駅舎・商店街・坂道・酷道などをこよなく愛す変な人です。



閲覧ありがとうございます!



アクセスランキング

[ジャンルランキング]
旅行
157位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
16位
アクセスランキングを見る>>



最新記事



最新コメント



カテゴリ



最新トラックバック



月別アーカイブ



フリーエリア

沖縄 旅行情報
沖縄旅行情報



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



2014.3 北陸駅舎巡りの旅 第27回 福鉄・神明駅と神明社
P3309104.jpg

家久駅から福井方面へ5駅戻って、鯖江市にある神明駅へ移動して来ました。
わざわざ訪れたのは、当然古い駅舎が残っているからです。

P3309106.jpg

片面+島式で2面3線のホームを持っていますが、一部は使用されていません。
列車の低床化が進み、それに対応して島式ホームの切り下げが行われたものの、
駅舎側の片面ホーム(1枚目の写真)は高さ調整が実施されず、使えない状態に。

高さの関係で使える場所と使えない場所があり、構内でも柵やチェーンが張られてます。

P3309108.jpg

P3309109.jpg

こちらが使われていない駅舎側ホーム。
自転車は、駅員さん用??レンタサイクルでもやってるのかな??

P3309110.jpg

有人改札のある駅。
劔神社は、越前町織田にある越前二ノ宮。
由緒ある立派な神社で、おもかる石が有名。

P3309117.jpg

神明駅(福井県鯖江市)
1914年、兵営駅として開業。近くに陸軍の歩兵連隊の拠点があったことに由来するとか。
戦時中の1939年に中央駅に改称。戦後の1946年に今の神明駅に改称されてます。

淡いグリーンの瓦屋根を持つ、平屋の木造駅舎です。

P3309121.jpg

雨が降り続きます。こちらは駅前どおり。

P3309122.jpg

駅前にあった鯖江タクシーさん。鯖の字がちょっと簡略化されてる?

P3309127.jpg

駅の南側の踏切から撮影。

P3309128.jpg

駅の南東にある、神明社。神明駅の名前の由来でしょうか。
表参道は南側なので、神明駅からのルートは裏口になるようです。

P3309129.jpg

神明社の敷地にあった茅葺きの建物。
旧瓜生家住宅というそうで、国の重要文化財指定です。

P3309133.jpg

神明社の敷地は烏ケ森社叢と呼ばれ、鯖江市の指定文化財になります。
鬱蒼とした森が神秘的であります。雨が雰囲気を盛り上げているのかも。
もうちょっと小雨でも良いんですけどね…(切実に)

さあ、この雨の中、JRの北鯖江駅を目指して2km弱、歩きます。



続く

スポンサーサイト


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://tetsuya1013.blog129.fc2.com/tb.php/1427-c6a2217b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)