懐かしい風景を求めて
懐かしいもの、昭和なもの大好きな変わり者です。 旅行に写真にドライブに野球に酒に多趣味な管理人が気ままに書いてます。
プロフィール

ねじまき

Author:ねじまき
中高時代は鉄道好き、大学以降は旅行好き、社会人でカメラに目覚め、ここ数年でまた鉄道熱が復活した管理人です。
表題の通りノスタルジックな風景が大好きで、廃墟・ホーロー看板・木造駅舎・商店街・坂道・酷道などをこよなく愛す変な人です。



閲覧ありがとうございます!



アクセスランキング

[ジャンルランキング]
旅行
155位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
17位
アクセスランキングを見る>>



最新記事



最新コメント



カテゴリ



最新トラックバック



月別アーカイブ



フリーエリア

沖縄 旅行情報
沖縄旅行情報



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



2014.3 北陸駅舎巡りの旅 第28回 北鯖江駅の木造駅舎
P3309137.jpg

神明駅から歩くこと約30分、北鯖江駅の近くまでやって来ました。
たぶん晴れててコンディションが良ければ25分くらいで行けそうな気がします。。。

北鯖江駅の東口のすぐ近くにあった、惹かれる木造建築。
何かの会社の建物になっているようでした。

P3309140.jpg

P3309145.jpg

北鯖江駅(福井県鯖江市)
1955年に北陸本線の新駅として開業。東口に残る木造駅舎は開業当初からのもの。

P3309147.jpg

東口には小さなロータリーがあり、周囲は住宅街になっています。
商店らしきものは無かったかな。。。

西口にも出入口があり、そちらは工業団地のようです。

P3309151.jpg

閉ざされた窓口。今は無人駅ですが、かつては窓口業務もあったんでしょう。
2013年度、一日平均乗車人員は449人。

P3309154.jpg

鯖江にも村田製作所があるんですかね。

P3309156.jpg

駅舎のホーム側。ホームは島式の1面2線。
跨線橋でアクセスです。跨線橋がそのまま西口の出入口へと続いています。

P3309158.jpg

そしてこちらが北鯖江で最も惹かれる建物。
駅舎ではなく、駅のすぐ隣にある工場跡です。たぶんもう操業されてないと思います。
これまで北陸線は何度か行き来していて、その度に気になっていた物件であります。

P3309163.jpg

工場跡ごしの、北鯖江駅の駅舎。
ここでも雨に降られながら、次の列車を待つのでした。
ここからは朝以来、久しぶりのJRの旅に戻ります。



続く



スポンサーサイト


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://tetsuya1013.blog129.fc2.com/tb.php/1428-e83c704b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)