懐かしい風景を求めて
懐かしいもの、昭和なもの大好きな変わり者です。 旅行に写真にドライブに野球に酒に多趣味な管理人が気ままに書いてます。
プロフィール

ねじまき

Author:ねじまき
中高時代は鉄道好き、大学以降は旅行好き、社会人でカメラに目覚め、ここ数年でまた鉄道熱が復活した管理人です。
表題の通りノスタルジックな風景が大好きで、廃墟・ホーロー看板・木造駅舎・商店街・坂道・酷道などをこよなく愛す変な人です。



閲覧ありがとうございます!



アクセスランキング

[ジャンルランキング]
旅行
135位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
17位
アクセスランキングを見る>>



最新記事



最新コメント



カテゴリ



最新トラックバック



月別アーカイブ



フリーエリア

沖縄 旅行情報
沖縄旅行情報



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



2014.12 長良川鉄道訪問記 第6回 郡上大和駅と周辺散策
PC231396.jpg

北濃から8駅戻って郡上大和駅へ。12:45着。
一瞬でしたが、鉛色の空から青い空がのぞきました。

PC231399.jpg

郡上大和は対面式ホームを持つ交換可能な駅。
下りホーム側になにやら札が立ってましたが、「長良川鉄道」の…、
「淡」ということは「淡墨桜」か何かでしょうかね。

PC231400.jpg

下りホームから木造駅舎を眺めます。青空に白い雪が眩しい…!
非常にわかりづらいですが、ここ構内踏切なんですよね。
何となく人が通る道のようになっているだけ…。
ここの構内踏切は駅舎正面にあり、上下線のホームは微妙にずれて配されています。

PC231409.jpg

閉ざされた窓口。でもボードで完全に塞がれた訳ではないですね。
窓口のあたりの木の質感が良い感じ。

PC231412.jpg

郡上大和駅(岐阜県郡上市大和町)
1932年、越美南線が郡上八幡からここまで延伸した際に終着駅として開業。
開業当時は当時の村名・弥富村から取って「美濃弥富駅」を名乗っていたとか。
1985年に無人化、その翌年1986年に現在の郡上大和駅に改称。

PC231411.jpg

北濃と同じく、こちらの郡上大和も駅舎にお店が入っています。
こちらは喫茶店で、もっとちゃんとしたお店です。
駅舎前に停まっている車は、この喫茶店のお客さんのもののようです。
結構繁盛してました。

PC231414.jpg

駅舎は開業当初からのもののようです。

PC231415.jpg

駅舎内の備え付け木製ベンチ。お手製の座布団でしょうか。

PC231420.jpg

旧大和町の中心地にあるため、駅近くの通り沿いには多くの民家が立ち並びます。
お店の数は多くはありません。。。

PC231422.jpg

滞在時間は29分間。
あまり駅から離れる訳にはいきませんが、それでも町の雰囲気は感じたいところ。

PC231427.jpg

PC231429.jpg

駅から数百メートル程度ですが、うろうろと歩いてみました。
駅前を線路と平行する通り沿いには、古い町並みが展開していました。。。

PC231433.jpg

郡上大和駅に戻ります。
今度は下り列車に乗って再び北上します。

PC231438.jpg

やって来た郡上大和13:14発の列車は、サヨナラ運転最終日を迎えたナガラ1型でした。
全く想定外でしたが、この日に現役を退くという車両に乗り込み、次の駅へ…。



続く

スポンサーサイト


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://tetsuya1013.blog129.fc2.com/tb.php/1447-e0f38701
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)