懐かしい風景を求めて
懐かしいもの、昭和なもの大好きな変わり者です。 旅行に写真にドライブに野球に酒に多趣味な管理人が気ままに書いてます。
プロフィール

ねじまき

Author:ねじまき
中高時代は鉄道好き、大学以降は旅行好き、社会人でカメラに目覚め、ここ数年でまた鉄道熱が復活した管理人です。
表題の通りノスタルジックな風景が大好きで、廃墟・ホーロー看板・木造駅舎・商店街・坂道・酷道などをこよなく愛す変な人です。



閲覧ありがとうございます!



アクセスランキング

[ジャンルランキング]
旅行
121位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
14位
アクセスランキングを見る>>



最新記事



最新コメント



カテゴリ



最新トラックバック



月別アーカイブ



フリーエリア

沖縄 旅行情報
沖縄旅行情報



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



2014.12 長良川鉄道訪問記 第8回 美濃白鳥の町並み
PC231465.jpg

引き続き、美濃白鳥の町歩きです。
屋根の雪下ろし作業中。。。

PC231471.jpg

列車で美濃白鳥駅に到着する手前の踏切近くで、気になった丸窓のお宅。

PC231473.jpg

町の西側には、県境を越えて福井県へと続く油坂峠道路のループが見えます。
ループの奥の橋も油坂峠道路のもの。かなりの高低差ですねぇ。

PC231474.jpg

駅前からずっと歩いて来ているこの道は県道317号線に指定されています。
通り沿いの雰囲気や、ルーティングから、古くからの主要街道だったのかな、と思います。

PC231477.jpg

ここにも丸窓。

PC231483.jpg

PC231488.jpg

白鳥のメインストリートと思われる商店街。
国道156号線から白鳥交差点で分岐する通りで、北端には来通寺がデンと構えています。
道幅が広く、車通りがかなり多い通りです。

PC231489.jpg

江戸時代のものと思しき古民家や、大正・昭和レトロの雰囲気を持つ商店など、
いろいろ眺めながらの散策が楽しい通りです。

PC231503.jpg

奥美濃エリアの中心地として発展した白鳥の町。
峠を越えれば越前の国、北上すれば飛騨の国。
辺境の町として、重要視されていたようです。

PC231504.jpg

レトロな本屋さん。
屋根の雪を下ろそうと悪戦苦闘されてましたが、ちょっと人力では辛そうです…。

PC231505.jpg

浅野屋料理旅館さん。素敵な佇まい。

PC231507.jpg

滞在時間約50分。そろそろ駅へ戻ります。

PC231508.jpg

雪深い奥美濃の古い町並み、満喫できたかと思います。
また来たいと思える白鳥の町でした。
今度は油坂峠を越えて福井に抜けるルートも試してみたいところ。

美濃白鳥14:17発の上り列車で、次の駅へ…。



続く

スポンサーサイト


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://tetsuya1013.blog129.fc2.com/tb.php/1449-26d1fb3e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)