懐かしい風景を求めて
懐かしいもの、昭和なもの大好きな変わり者です。 旅行に写真にドライブに野球に酒に多趣味な管理人が気ままに書いてます。
プロフィール

ねじまき

Author:ねじまき
中高時代は鉄道好き、大学以降は旅行好き、社会人でカメラに目覚め、ここ数年でまた鉄道熱が復活した管理人です。
表題の通りノスタルジックな風景が大好きで、廃墟・ホーロー看板・木造駅舎・商店街・坂道・酷道などをこよなく愛す変な人です。



閲覧ありがとうございます!



アクセスランキング

[ジャンルランキング]
旅行
115位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
13位
アクセスランキングを見る>>



最新記事



最新コメント



カテゴリ



最新トラックバック



月別アーカイブ



フリーエリア

沖縄 旅行情報
沖縄旅行情報



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



2014.12 長良川鉄道訪問記 第9回 深戸駅の木造駅舎
PC231517.jpg

15:02、深戸駅に到着。
ここでも木造駅舎を見に途中下車です。
折り返し15:29発の下り列車まで、滞在時間は27分間。

PC231518.jpg

深戸駅(岐阜県郡上市美並町)
1928年開業。開業当初の木造駅舎が今でも大切に使われています。
「長い散歩」という映画のロケ地になったほか、楽曲のPVにも使われたことがあるとか。
それだけ雰囲気がある木造駅舎、ということでしょうかね。

PC231519.jpg

駅前の駐輪場には、自転車が一台だけポツンと。
鍵をかけよう、という標識。長閑な田舎町では鍵はかけない、ってこと…?

PC231521.jpg

冬の15時台、早くも太陽光線が夕陽っぽさを帯びて来ました。

PC231523.jpg

深戸駅は窓も全て木製。
青の窓枠がアクセントになっています。

PC231528.jpg

駅舎内、中央に木製ベンチ。

PC231538.jpg

ラッチは木製で三角形のもの。
こんな形状のは初めて見た気がします。

PC231540.jpg

ステーション深戸、という喫茶店が駅に同居していたようですが、
2013年に閉店してしまっています。今はテナント無し状態…。

PC231541.jpg

駅周辺は小さな集落があるのみ。
駅前に国道が走り、国道の向こうはすぐ長良川が流れます。
狭い谷で平地が少なく、あまり大きな集落にはなれない場所なんでしょう。
集落内はとっても静か。

PC231547.jpg

個人的に深戸駅のイメージはこの青色。

PC231558.jpg

さぁ、15:29発の郡上八幡行き・下り列車の入線です。
(ホームは片面のみの1面1線)
わずか2駅で終点・郡上八幡です…。



続く

スポンサーサイト


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://tetsuya1013.blog129.fc2.com/tb.php/1450-b7540248
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)