懐かしい風景を求めて
懐かしいもの、昭和なもの大好きな変わり者です。 旅行に写真にドライブに野球に酒に多趣味な管理人が気ままに書いてます。
プロフィール

ねじまき

Author:ねじまき
中高時代は鉄道好き、大学以降は旅行好き、社会人でカメラに目覚め、ここ数年でまた鉄道熱が復活した管理人です。
表題の通りノスタルジックな風景が大好きで、廃墟・ホーロー看板・木造駅舎・商店街・坂道・酷道などをこよなく愛す変な人です。



閲覧ありがとうございます!



アクセスランキング

[ジャンルランキング]
旅行
155位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
17位
アクセスランキングを見る>>



最新記事



最新コメント



カテゴリ



最新トラックバック



月別アーカイブ



フリーエリア

沖縄 旅行情報
沖縄旅行情報



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



2014.12 長良川鉄道訪問記 第10回 郡上八幡駅の木造駅舎
PC231566.jpg

終着の郡上八幡駅に入線するシーン。(15:39着)
片面+島式ホームの2面3線。下り列車は2番線へ入線します。
3番線は予備のホームで、普段は使われていません。

PC231567.jpg

島式ホームの木造上屋はシンプルな美しさ。

PC231569.jpg

ホームを結ぶ跨線橋には、古い駅名標識が残っています。
この跨線橋は、駅舎とともに2015年(この訪問の半年後)に
国の登録有形文化財の指定を受けたそうです。

PC231570.jpg

島式ホームから1番ホームと木造駅舎を眺めます。

乗ってきた列車は折り返して上り列車になるんですが、
発着ホームを変えるようで、一旦ホームから離れています。
(下り列車として2番線到着、上り列車として1番線から出発)

PC231576.jpg

時代を感じる、いい跨線橋です。
文化財に指定され、大事にされていくのは喜ばしいことです。

PC231578.jpg

駅舎の脇にそのまま外へ繋がる出口がありました。
赤青ベンチは九州を思い出します…。

PC231580.jpg

郡上八幡駅(岐阜県郡上市八幡町)
1929年開業。立派な木造駅舎は、開業時から改修されつつ使われているもので、
上述のとおり、2015年に国の有形登録文化財となりました。
長良川鉄道の主要駅のひとつ。
観光地・郡上八幡の玄関口ですが、町並みやお城からはちょっと距離があるみたいです。

PC231581.jpg

郡上八幡と言えば、何と言ってもお盆に行われる郡上おどりですね。
一回体験してみたいですねぇ。

PC231583.jpg

有人駅ですが、改札口には人はいません。
出口も自由みたいですし、基本的には車内でチェック・支払いを済ませるんでしょうね。

PC231586.jpg

駅舎内に併設されている展示スペース「ふるさとの鉄道館」。
国鉄時代にこの路線で使われた鉄道関連の道具・用具などを展示しています。
見学は自由。

PC231589.jpg

折り返し便として1番線に入線した列車。
郡上八幡からは自分以外に数人の乗車がありました。

PC231592.jpg

古きよき鉄道全盛時代の姿を今に残す郡上八幡駅。

PC231594.jpg

水色の塗装が剥げた鉄製ラッチ、据付の木製ベンチ…。窓枠はアルミ製か。

PC231595.jpg

そろそろ出発の時間。
郡上八幡、15:58始発。滞在時間は19分間でした。
駅前にあった酒屋さんで買ったビールを飲みつつ、旅は終盤へ…。



続く

スポンサーサイト


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://tetsuya1013.blog129.fc2.com/tb.php/1451-d41db831
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)