懐かしい風景を求めて
懐かしいもの、昭和なもの大好きな変わり者です。 旅行に写真にドライブに野球に酒に多趣味な管理人が気ままに書いてます。
プロフィール

ねじまき

Author:ねじまき
中高時代は鉄道好き、大学以降は旅行好き、社会人でカメラに目覚め、ここ数年でまた鉄道熱が復活した管理人です。
表題の通りノスタルジックな風景が大好きで、廃墟・ホーロー看板・木造駅舎・商店街・坂道・酷道などをこよなく愛す変な人です。



閲覧ありがとうございます!



アクセスランキング

[ジャンルランキング]
旅行
166位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
18位
アクセスランキングを見る>>



最新記事



最新コメント



カテゴリ



最新トラックバック



月別アーカイブ



フリーエリア

沖縄 旅行情報
沖縄旅行情報



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



2014.12 長良川鉄道訪問記 第11回 大矢駅の木造駅舎
PC231603.jpg

郡上八幡から乗ること6駅、次の下車駅・大矢駅へ。
対面ホームを持つ大矢駅は、美濃市~郡上八幡間で唯一列車交換が可能な駅。

PC231605.jpg

乗ってきた列車がここで列車交換待ちをするため、5分間の時間が取れたので、
その隙に木造駅舎を撮影するプランです…!慌しいですね…(汗)
あ、乗ってきた列車はここまでで、次はまた逆方向に乗るので荷物も持って下りてます。

PC231609.jpg

大矢駅(岐阜県郡上市美並町)
1927年開業。こちらもまた、開業当初からの木造駅舎が健在。
もともと美濃下川駅として開業。1986年、国鉄から長良川鉄道に移管される
タイミングで、現在の大矢駅に改称しています。

PC231612.jpg

古さが滲み出てます。
無人駅でひと気がなく、飾り気も少ないので少し荒んだ雰囲気も…。

PC231616.jpg

ボードでふさがれた窓口、そして落書き…。

PC231617.jpg

いつから無人駅なんでしょうか。
この出札口が実際に使われていた時代。遠い昔か。

PC231619.jpg

駅前には特に商店なども無かったと記憶しています。
時間が短いのでちゃんと調べるヒマも無かったんですよね。

PC231620.jpg

入線の案内が流れたのでホームへ。
乗って来た列車はまだ停車中。(当然)

PC231621.jpg

はい、再びこの下り列車に乗り、この旅最後の訪問駅を目指します。大矢16:25発。
次回でこの長良川鉄道訪問記、最終回となります。。。



続く

スポンサーサイト


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://tetsuya1013.blog129.fc2.com/tb.php/1452-22d392ea
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)