懐かしい風景を求めて
懐かしいもの、昭和なもの大好きな変わり者です。 旅行に写真にドライブに野球に酒に多趣味な管理人が気ままに書いてます。
プロフィール

ねじまき

Author:ねじまき
中高時代は鉄道好き、大学以降は旅行好き、社会人でカメラに目覚め、ここ数年でまた鉄道熱が復活した管理人です。
表題の通りノスタルジックな風景が大好きで、廃墟・ホーロー看板・木造駅舎・商店街・坂道・酷道などをこよなく愛す変な人です。



閲覧ありがとうございます!



アクセスランキング

[ジャンルランキング]
旅行
135位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
17位
アクセスランキングを見る>>



最新記事



最新コメント



カテゴリ



最新トラックバック



月別アーカイブ



フリーエリア

沖縄 旅行情報
沖縄旅行情報



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



2014.12 長良川鉄道訪問記 第12回(最終回) 美並苅安駅にて
PC231638.jpg

今回の旅の最後の訪問駅、美並苅安駅にやって来ました。16:31着。
もうそろそろ暗くなるタイミング。ここが限界、というわけです。

当然(?)こちらも木造駅舎が残る駅です。
レンタサイクルなんかもあるんですね。というか、無人駅だとばかり思っていました…。

PC231639.jpg

PC231626.jpg

美並苅安駅(岐阜県郡上市美並町)
1928年、苅安駅として開業。木造駅舎は開業当初からのものと思われます。
1986年に長良川鉄道へ移管されるタイミングで、現在の美並苅安駅に改称しています。

PC231628.jpg

駅舎には木工所の事務所が入っていて、人の気配が感じられます。
この事務所の方が、窓口業務も行うみたいですね。
レンタサイクルの受付もここなんでしょう。

PC231632.jpg

あまり広くはない駅舎内に、据付木製ベンチと青いプラ製ベンチが2列。
中央には古びた薪ストーブ。存在感あります。

PC231635.jpg

この薪ストーブって使われないんですかね…。
一応12月末で寒い時期なんですけど。

PC231642.jpg

美並苅安は、郡上市になる前に存在した美並村の中心地だった場所に近い駅。
旧役場や、東海北陸道の美並インターも近くにあります。
だからこその有人駅(簡易委託ですが)なんでしょう。

PC231645.jpg

冬の夕方、木造駅舎で夕暮れを迎えます。
木製ベンチでボーっとする幸せと、旅が終わってしまうという寂しさと、
表現力の乏しい自分にはなんとも言い表せない気持ちでした。

PC231648.jpg

でも美濃太田へ帰還する便までは40分くらいあるので、
駅前の喫茶店で早めの夕食を摂ることにしました。
国道沿いの喫茶店は食堂色の強いお店で、地元のおばちゃんたちで賑わってます。

PC231655.jpg

食事を終えて駅に戻ると、すっかり夜。
駅舎の窓口にもカーテンが曳かれていました…。

PC231657.jpg

暗闇の中やって来た列車。美並苅安17:34発の美濃太田行き普通列車。
これで長良川鉄道の旅を終えます。
美濃太田からは在来線を乗り継ぎ乗り継ぎ大阪へ…。

今回は初めての長良川鉄道ということ、また、美濃市の町は歩いたことがあったため、
北部~中部を中心にめぐった旅でした。
南部の美濃市、関、富加あたりはまた行かねばなりませんね…。


スポンサーサイト


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://tetsuya1013.blog129.fc2.com/tb.php/1453-56e1b605
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)