懐かしい風景を求めて
懐かしいもの、昭和なもの大好きな変わり者です。 旅行に写真にドライブに野球に酒に多趣味な管理人が気ままに書いてます。
プロフィール

ねじまき

Author:ねじまき
中高時代は鉄道好き、大学以降は旅行好き、社会人でカメラに目覚め、ここ数年でまた鉄道熱が復活した管理人です。
表題の通りノスタルジックな風景が大好きで、廃墟・ホーロー看板・木造駅舎・商店街・坂道・酷道などをこよなく愛す変な人です。



閲覧ありがとうございます!



アクセスランキング

[ジャンルランキング]
旅行
128位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
16位
アクセスランキングを見る>>



最新記事



最新コメント



カテゴリ



最新トラックバック



月別アーカイブ



フリーエリア

沖縄 旅行情報
沖縄旅行情報



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



2014.12 年末帰省旅 第5回 中込駅と小諸駅
PC302853.jpg

中込駅で10分間停車時間があったので、ちょっと車外へ。
小海線の主要駅であり、片面+島式の2面3線を有する中込駅。

PC302857.jpg

中込駅(長野県佐久市)
1915年開業。みどりの窓口もある、佐久市の代表駅。
読みは「なかごみ」。阪神に同じ読み方のピッチャーがいたので、すんなり読めます。

PC302858.jpg

そもそも佐久市は市街地が分散していて、ここ中込とちょっと西の野沢、
それに岩村田が前からの町。
そして近年は新幹線の佐久平駅界隈が発展し、逆にその他は寂れつつあるとか。

PC302860.jpg

特に何をするでもなく、車内に戻ります。
中込では後部に一両連結して3両編成に…!
中込まで混んだ車内で最後部に立っていましたので、
ここからは新たに連結された車両のボックス席で小諸までの27分間を楽しみます。

PC302863.jpg

中込の2駅先、木造駅舎の残る岩村田駅。
ここも中込も歩いてみたい。小海線は再訪してしっかりと巡らねばならぬようですな。

PC302864.jpg

そして北陸新幹線(長野新幹線)と接続する佐久平駅。
新幹線開業に合わせて設置された新駅で、両側の駅とは1kmを切るほどの近さです。
佐久平では新幹線へ乗り継ぐお客さんがたくさん下車して行きました。
乗り継ぎ駅ですが、在来線は片面ホームのみの棒駅。
新青森みたいな感じですね。シンプルです。

PC302871.jpg

これは三岡駅停車中。
Wikipediaを見ると、自動券売機が何度も破壊された話や、
線路を挟んだ両側の住民の諍いの話など、何だか殺伐とした印象を受ける駅です。。。

PC302872.jpg

近づいてくる小諸の町の方も、まだ朝霧が残っているようでした。

乙女駅からは小海線はしなの鉄道と平行し、乙女、東小諸と2駅ありますが、
しなの鉄道側には駅がないんですよね。まぁ、しなの鉄道ももとは信越本線ですから
両方ともJR/国鉄だったんですが、ちょっと不思議な気もします。
最初の鉄道敷設の頃からの成り立ちに違いがあるのでしょう。

PC302873.jpg

そして小諸駅に到着。10:39着。これにて小海線は完乗です。

PC302875.jpg

さて、これまで小諸は乗り換えで利用するのみで、駅前にすら出たことがありません。
小諸には古い町並みも残っているということで、今回は散策の時間を取ってあります。

PC302878.jpg

来ましたよ~、さわやか信州(?)

右のポスターは、小諸・佐久エリアを舞台にしたアニメ「あの夏で待ってる」のもの。
しなの鉄道ではラッピング車両を走らせたりしてましたね、確か。

PC302879.jpg

うーん、この駅前のビル群に昭和の香りを感じますねぇ。
これは散策が楽しみだ。

PC302882.jpg

駅も改築されてはいますが、木造駅舎です。
内部も随所に古さを残しています。。。

それでは小諸の散策へ…!!



続く

スポンサーサイト


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://tetsuya1013.blog129.fc2.com/tb.php/1459-22059ae4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)