懐かしい風景を求めて
懐かしいもの、昭和なもの大好きな変わり者です。 旅行に写真にドライブに野球に酒に多趣味な管理人が気ままに書いてます。
プロフィール

ねじまき

Author:ねじまき
中高時代は鉄道好き、大学以降は旅行好き、社会人でカメラに目覚め、ここ数年でまた鉄道熱が復活した管理人です。
表題の通りノスタルジックな風景が大好きで、廃墟・ホーロー看板・木造駅舎・商店街・坂道・酷道などをこよなく愛す変な人です。



閲覧ありがとうございます!



アクセスランキング

[ジャンルランキング]
旅行
186位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
20位
アクセスランキングを見る>>



最新記事



最新コメント



カテゴリ



最新トラックバック



月別アーカイブ



フリーエリア

沖縄 旅行情報
沖縄旅行情報



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



2014.12 年末帰省旅 第9回 北国街道・海野宿を歩く
PC303039.jpg

大屋から東へ歩いて行くと、道の真ん中に水路が現れます。
ここは西海野地区と呼ばれるエリア。

PC303047.jpg

海野宿は伝建地区(重要伝統的建造物群保存地区)に指定されていますが、
ここも範囲に含まれるんでしょうかね…?
全く飾った感じがなく、しっかり補修される訳でもなく、ありのままの街道の雰囲気を
残しているようで、個人的にはかなり見ごたえのある町並みでした。

PC303055.jpg

PC303065.jpg

こちらは伝建地区に指定されたメインの町並み。ザ・海野宿です。
このエリアは本海野と呼ばれますが、それは西海野などと区別する訳ではないようです。

PC303068.jpg

かつてここは海野氏が治める地でしたが、海野氏は武田の侵攻で滅亡。
そして海野氏の一族だった真田が武田の配下に入って上田に城下町を形成。
その際に海野から商人を呼び寄せて上田に海野町を作ります。
そしてその上田の海野町と区別するために、「本海野」と呼ばれるようになったそうです。

PC303071.jpg

PC303074.jpg

北国街道の宿場町として整備されたのは、江戸時代初期。

PC303079.jpg

1986年に日本の道百選に選ばれ、1987年に伝建地区の指定を受けています。

PC303084.jpg

中央を流れる用水を挟み、両側に展開する江戸時代の町並み。
しっかりお色直しされている物件が多いのは、仕方ないと思いますね。
保存する、ということはそういうことですから。

PC303095.jpg

海野宿に古い町並みがこんなにも残っているのは、鉄道路線や国道のルートから
外れたからと言われています。
鉄道敷設時には、ここを通るルートも検討され、駅の設置の話もあったとか。

PC303096.jpg

PC303098.jpg

江戸時代は宿場町として栄え、明治になると鉄道開通で宿場町としての機能が弱まり、
養蚕業が産業の中心となったそうです。

PC303100.jpg

12月30日の海野宿、観光客の姿は疎らでしたね。
やっぱり車で訪れる人が多いようですね。
大屋~海野~田中は距離にして3km程度なので歩くのにちょうどいいと思うんですけどね。

PC303104.jpg

海野宿の東端にある、白鳥神社にて。
こちらでも大晦日、年越しに向けていろいろ地元の方々が準備をされていました…。



続く

スポンサーサイト


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://tetsuya1013.blog129.fc2.com/tb.php/1463-bbba0763
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)