懐かしい風景を求めて
懐かしいもの、昭和なもの大好きな変わり者です。 旅行に写真にドライブに野球に酒に多趣味な管理人が気ままに書いてます。
プロフィール

ねじまき

Author:ねじまき
中高時代は鉄道好き、大学以降は旅行好き、社会人でカメラに目覚め、ここ数年でまた鉄道熱が復活した管理人です。
表題の通りノスタルジックな風景が大好きで、廃墟・ホーロー看板・木造駅舎・商店街・坂道・酷道などをこよなく愛す変な人です。



閲覧ありがとうございます!



アクセスランキング

[ジャンルランキング]
旅行
186位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
20位
アクセスランキングを見る>>



最新記事



最新コメント



カテゴリ



最新トラックバック



月別アーカイブ



フリーエリア

沖縄 旅行情報
沖縄旅行情報



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



2014.12 年末帰省旅 第15回 別所温泉、再訪
PC303232.jpg

16:34、終点の別所温泉に到着。
大学に入って最初の夏休みに訪れて以来、二度目の再訪となります。

PC303234.jpg

当時は駅舎にそんなに思い入れはなかったので、どんな姿だったか全く記憶にありません。
こちらも先ほどの中塩田駅同様、改修を経ているようでしたね。色も同系です。

PC303240.jpg

こちらは別所温泉の玄関口であり、終着駅で有人駅。
人の気配が感じられる生きた駅、ですね。

PC303242.jpg

折り返して出発していく列車を見送っているのは、駅員さんでしょうか。
袴を着た女性で、見送りだけでなく、改札業務なども行っていました。

PC303243.jpg

別所温泉駅(長野県上田市大字別所温泉)
1921年、別所駅として開業。1924年に信濃別所駅、1930年に別所温泉駅に改称。
中塩田駅同様、上田温泉電軌→上田電鉄→上田丸子電鉄→上田交通→上田電鉄と
運営会社名が変遷して来ており、駅舎は上田丸子電鉄時代のもの。
駅舎の形状、色使いなども中塩田駅にとても似ています。

PC303248.jpg

別所温泉駅にも、上田丸子電鉄時代の社章が残されていました。

PC303249.jpg

もう暗くなる時間帯の別所温泉。
せっかく来たので、温泉街を歩いて温泉に浸かって行きます。

PC303255.jpg

駅前から緩やかな上りの道を進んでいくと、宿や商店が立ち並ぶ温泉街に。

PC303258.jpg

別所温泉にある北向観音の参道。
ここは階段を下りて、参道を歩いて、北向観音へまた階段を上がるという面白い造り。
参道が谷底にあるようなかたちになります。

PC303266.jpg

北向観音は825年開創という古刹。
新年を迎える準備は万端、といった感じです。
12月30日の夕方、参拝客は自分以外には家族連れが一組いただけでした。

PC303269.jpg

冬の夜は早い…。

PC303271.jpg

別所温泉には3つの共同浴場がありますが、今回は一番メジャーな大湯に入りました。
ここは前回にも入っているんですけどね。
歩くルートから大きく外れないため、またここにしました。
中はなかなか盛況で、自分のような旅人や、近くの宿の宿泊客と思われる方々で賑わっていました。

PC303275.jpg

駅に戻り、今宵の宿を取っている高崎まで、移動します…。



続く

スポンサーサイト


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://tetsuya1013.blog129.fc2.com/tb.php/1469-191c3475
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)