懐かしい風景を求めて
懐かしいもの、昭和なもの大好きな変わり者です。 旅行に写真にドライブに野球に酒に多趣味な管理人が気ままに書いてます。
プロフィール

ねじまき

Author:ねじまき
中高時代は鉄道好き、大学以降は旅行好き、社会人でカメラに目覚め、ここ数年でまた鉄道熱が復活した管理人です。
表題の通りノスタルジックな風景が大好きで、廃墟・ホーロー看板・木造駅舎・商店街・坂道・酷道などをこよなく愛す変な人です。



閲覧ありがとうございます!



アクセスランキング

[ジャンルランキング]
旅行
186位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
20位
アクセスランキングを見る>>



最新記事



最新コメント



カテゴリ



最新トラックバック



月別アーカイブ



フリーエリア

沖縄 旅行情報
沖縄旅行情報



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



2014.12 年末帰省旅 第18回 通洞駅の木造駅舎
PC313390.jpg

終点の間藤までは行かず、終点の2つ手前の通洞駅で途中下車です。
通洞、8:00着。

PC313381.jpg

通洞駅(栃木県日光市足尾町)
1912年開業。山小屋風の大柄な木造駅舎がいい感じです。
駅前に足場の骨組みがあったのは、何か修繕作業のためでしょうかね。。。

PC313385.jpg

駅舎内はまあまあ広いですね。
いろんなタイプの椅子が用意されています。

PC313387.jpg

雰囲気のある窓口の様子。カーテンで閉ざされていて、無人のようでした。
通洞駅は1985年に無人化されましたが、今では隣の足尾駅の駅員さんが掛け持ちで
窓口業務を行っているようです。春から秋にかけての昼間は通洞駅に常駐するそうですが、
この時は冬ですし朝8時ですし、無人で当然、という訳ですね。

PC313388.jpg

窓口の中はこんな空間になっていました。
会合か何かで使われることもあるんでしょうかね。。。

PC313391.jpg

ホーム側から見る、通洞駅の木造駅舎。
「足尾銅山観光 下車駅」とあるように、銅山の最寄り駅となります。
足尾の町の中心地に近い駅ということもあり、利用客はそれなりにありそうです。

PC313392.jpg

近代化遺産の認定されていますね。
平成19年ですから、2007年ですか。

PC313395.jpg

木造のラッチが懐かしい感じです。

PC313396.jpg

足元がちょっとデコボコしていた、駅舎内…。

PC313398.jpg

はい、ここ通洞駅からは、足尾の町を散策しながら隣の足尾駅まで歩くプランです。

PC313401.jpg

通洞駅前の駅前通りは商店街を形成していました。
銅山が現役だった頃は、この通りも大いに賑わっていたことでしょうね。

PC313403.jpg

シャッターを下ろしたお店が多かったです。
大晦日の朝だからなのか、平日でもこうなのか…。

PC313407.jpg

引き続き、町歩きとなります…。



続く

スポンサーサイト


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://tetsuya1013.blog129.fc2.com/tb.php/1472-5b1361a6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)