懐かしい風景を求めて
懐かしいもの、昭和なもの大好きな変わり者です。 旅行に写真にドライブに野球に酒に多趣味な管理人が気ままに書いてます。
プロフィール

ねじまき

Author:ねじまき
中高時代は鉄道好き、大学以降は旅行好き、社会人でカメラに目覚め、ここ数年でまた鉄道熱が復活した管理人です。
表題の通りノスタルジックな風景が大好きで、廃墟・ホーロー看板・木造駅舎・商店街・坂道・酷道などをこよなく愛す変な人です。



閲覧ありがとうございます!



アクセスランキング

[ジャンルランキング]
旅行
166位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
18位
アクセスランキングを見る>>



最新記事



最新コメント



カテゴリ



最新トラックバック



月別アーカイブ



フリーエリア

沖縄 旅行情報
沖縄旅行情報



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



2014.12 年末帰省旅 第19回 足尾の町並みを歩く~前編
PC313408.jpg

PC313409.jpg

PC313411.jpg

PC313412.jpg

PC313413.jpg

PC313416.jpg

PC313417.jpg

PC313418.jpg

PC313421.jpg

PC313427.jpg

PC313431.jpg

PC313435_20160219001130718.jpg

久々に手抜き記事ですね…(汗)

通洞駅からは足尾の町の中をウロウロしながら、足尾駅に向かいます。
写真が多かったので、足尾散策の様子は2回に分けてアップすることにしますね。
まず前半は、通洞駅界隈、住所で言えば足尾町通洞の町並みです。

表通りは商店街ですが、ちょっと路地に入り込むと炭鉱時代の名残と思われる、
バラックのような簡素な家が多く立ち並んでいて、かなりディープでした…。

1973年に歴史の幕を下ろした足尾銅山。
町はその時からそのまま時代に取り残されたような感じで、どこか物悲しさが漂います。




続く

スポンサーサイト


コメント

こんばんは。ご無沙汰しててすみません。

いや、手抜きだなんて感じませんよ(笑)。
写真が全部雄弁に語ってくれてます。
僕も足尾まで行っておきながら
これ全部見逃してたんだな、って地団駄踏んでます(笑)。
[2016/02/24 02:19] URL | Kyo-to #Ytk3Wfxk [ 編集 ]


>Kyo-toさん

コメント頂いて有難う御座います!
時が止まったかのような鉱山の町の雰囲気、
惹かれると同時に複雑な気持ちになりますね。

足尾は散策する価値が充分にある町でした。
オススメです。
[2016/02/25 08:16] URL | ねじまき #- [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://tetsuya1013.blog129.fc2.com/tb.php/1473-c9dd95f1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)