懐かしい風景を求めて
懐かしいもの、昭和なもの大好きな変わり者です。 旅行に写真にドライブに野球に酒に多趣味な管理人が気ままに書いてます。
プロフィール

ねじまき

Author:ねじまき
中高時代は鉄道好き、大学以降は旅行好き、社会人でカメラに目覚め、ここ数年でまた鉄道熱が復活した管理人です。
表題の通りノスタルジックな風景が大好きで、廃墟・ホーロー看板・木造駅舎・商店街・坂道・酷道などをこよなく愛す変な人です。



閲覧ありがとうございます!



アクセスランキング

[ジャンルランキング]
旅行
148位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
17位
アクセスランキングを見る>>



最新記事



最新コメント



カテゴリ



最新トラックバック



月別アーカイブ



フリーエリア

沖縄 旅行情報
沖縄旅行情報



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



2014.12 年末帰省旅 第20回 足尾の町並みを歩く~後編
PC313441.jpg

通洞駅と足尾駅は、距離にして約1km弱しかありませんが、
ウロウロ、フラフラしながら歩くとそれなりに時間がかかるものです。

上の写真の道が、線路に沿って進むので両駅を最短で結ぶ道だと思います。
キリスト教会なんかもあります。

PC313443.jpg

少し高い位置にあり、足尾の町を見下ろしながら歩けて、視覚的にも良いですね。

PC313453.jpg

ほどなくして足尾駅前に着いたんですが、駅は置いといて、
まだもう少し時間があるので引き続き駅周辺の散策へと移ります。

まずは足尾駅の前方左手に残る、鉱山住宅エリアへ。

PC313454.jpg

ここは長屋タイプではなく、一戸建てタイプですね。
こういう鉱山住宅は空家が多い場合が多いんですけど、
ここはだいたい半分くらいはまだ生活があるお宅のようでした。

PC313455.jpg

朽ち果てたお宅も…。

PC313466.jpg

砂利敷きの道と、木の塀。
いかにもな古い住宅街です。もう「街」とは呼べませんが…。
雰囲気は、加古川のニッケ社宅を更に廃れさせた感じでしょうか。

PC313468.jpg

「廃」な風景を見つけては興奮気味にシャッターを切る不審者を、警戒する猫さん。

PC313471.jpg

名前も分からない、足尾駅前の鉱山住宅でした。。。

PC313476.jpg

駅から500mほどのところに、国の登録有形文化財である古河掛水倶楽部という物件が
あるのですが、あいにく冬期はずっと閉館していて、敷地内にも入ることができず、
写真を撮影することができませんでした…。

PC313472.jpg

上の写真は、古河掛水倶楽部の隣にある、旧足尾鉱業所付属倉庫。
1910年に建てられたものだそうです。

PC313475.jpg

PC313479.jpg

古河掛水倶楽部前から北東方向、斜面に広がる鉱山長屋住宅群。
う~ん、いい眺めだ。内部まで見に行きたいところですが、
列車の時間もあるので、そろそろ駅の方へ戻ることにします…。




続く

スポンサーサイト


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://tetsuya1013.blog129.fc2.com/tb.php/1474-e15c184b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)