懐かしい風景を求めて
懐かしいもの、昭和なもの大好きな変わり者です。 旅行に写真にドライブに野球に酒に多趣味な管理人が気ままに書いてます。
プロフィール

ねじまき

Author:ねじまき
中高時代は鉄道好き、大学以降は旅行好き、社会人でカメラに目覚め、ここ数年でまた鉄道熱が復活した管理人です。
表題の通りノスタルジックな風景が大好きで、廃墟・ホーロー看板・木造駅舎・商店街・坂道・酷道などをこよなく愛す変な人です。



閲覧ありがとうございます!



アクセスランキング

[ジャンルランキング]
旅行
153位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
17位
アクセスランキングを見る>>



最新記事



最新コメント



カテゴリ



最新トラックバック



月別アーカイブ



フリーエリア

沖縄 旅行情報
沖縄旅行情報



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



2014.12 年末帰省旅 第22回 終着、間藤駅にて
PC313510.jpg

足尾駅から走ること3分、わたらせ渓谷鉄道の終点・間藤駅に到着。9:13着。
折り返しの9:20発の便に乗って行くので、7分間だけ、間藤駅と駅周辺を撮ります。

PC313503.jpg

間藤駅(栃木県日光市足尾町)
1914年、足尾から足尾本山へ延伸時に開業。
間藤~足尾本山は貨物専用線だったので、旅客線としては終着駅。
1970年から無人駅。最盛期には18人も駅員さんがいたそうな。
1989年、わたらせ渓谷鉄道移管時に足尾本山までの貨物線が廃線となり
名実ともに鉄路の終着駅となりました。

PC313505.jpg

駅前を行く県道、更に奥地へと伸びて行きます。
この先には足尾本山の製錬所がありましたが、今は現役ではありません。
(日光に抜けるのはこの道ではありません)

PC313506.jpg

PC313509.jpg

駅前には古河キャステックという、古河機械金属グループの会社があります。
足尾銅山の修理工場に端を発する鋳造メーカー。

PC313512.jpg

間藤駅のホームの先には車止めがありますが、線路自体はまだ先、
足尾本山の製錬所まで続いているそうです。

PC313515.jpg

7分間の滞在はあっという間に過ぎ去ります。
9:20発の折り返し列車として、間藤駅を離れます。

PC313516.jpg

間藤を出てまもなく渡る第一松木川橋梁を通過中に撮影。

PC313520.jpg

再び足尾の町並みを眺めます。。。

PC313522.jpg

PC313523.jpg

そしてこちらは通洞駅を発車してしばらく走ったところ(駅の南方向)にある、
炭鉱長屋住宅群です。往路で気になっていた風景。

PC313524.jpg

青、赤、緑、同色の屋根がかたまって建てられていて、面白いですね。



続く

スポンサーサイト


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://tetsuya1013.blog129.fc2.com/tb.php/1476-9cf4e99e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)