懐かしい風景を求めて
懐かしいもの、昭和なもの大好きな変わり者です。 旅行に写真にドライブに野球に酒に多趣味な管理人が気ままに書いてます。
プロフィール

ねじまき

Author:ねじまき
中高時代は鉄道好き、大学以降は旅行好き、社会人でカメラに目覚め、ここ数年でまた鉄道熱が復活した管理人です。
表題の通りノスタルジックな風景が大好きで、廃墟・ホーロー看板・木造駅舎・商店街・坂道・酷道などをこよなく愛す変な人です。



閲覧ありがとうございます!



アクセスランキング

[ジャンルランキング]
旅行
115位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
13位
アクセスランキングを見る>>



最新記事



最新コメント



カテゴリ



最新トラックバック



月別アーカイブ



フリーエリア

沖縄 旅行情報
沖縄旅行情報



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



2015.3 大阪大正渡船めぐり~甚兵衛渡船
P3087184.jpg

今回から数回に渡って、大阪市大正区に残る渡船めぐりの様子をお送りします。
運河に囲まれた大正区は古くから水路を行き来する船や渡船が重要な交通手段でした。
明治後期に29の渡船が整備されて以来、多くの市民に親しまれる存在でしたが、
徐々に橋が増え、渡船はその数を減らし、現在は大正区に8航路、港区に1航路を残すのみに。

今でも自転車移動者にとっては重要な足であり続ける大阪の渡船を、
現役のうちに乗り、撮っておこうということで、家族連れで行って参りました。

P3087185.jpg

港区の1航路は天保山から安治川を越えて桜島を結ぶ航路で、
過去に一度乗船経験がありますし、ちょっと大正区の航路とは
離れているので今回は省きます。

P3087186.jpg

まず最初に乗るのは、甚兵衛渡船。
港区福崎一丁目と大正区泉尾四丁目とを尻無川を越えて結ぶ航路。
まずは港区側から渡船めぐりを始めるべく、弁天町駅から歩きます。
乗り場までは距離にして2km弱。結構離れてますね。。。
路線バスもあるようですが、本数が多くないので、歩きました。

P3087187.jpg

尻無川沿いの道。この道を海の方へ進んでいくと、左手に甚兵衛渡船乗り場があります。
工場が多くて家族連れが歩くエリアではなさそうです(笑)

P3087188.jpg

はい、ありました。甚兵衛渡船。

P3087191.jpg

甚兵衛渡船は毎時0分から15分毎の運航です。
この航路は大阪の渡船の中で最も利用客が多いんだそうです。

どの航路でもそうですが、両岸のうち基準になる側が決まっていて、
時刻表もそちら側の時刻しか記載がありません。(甚兵衛渡船の場合は泉尾側が基準)
反対側は、渡船が着いたらすぐに折り返す、ということではっきりとした時刻表はありません。

P3087192.jpg

時刻表どおりの時刻になり、対岸から渡船がやって来ます。
この近さなので、発時刻はほとんど同じか数分ずれ程度ですね。
橋を渡ろうと思うと、この上流側に1kmほど移動しなければなりません。

P3087193.jpg

川沿いの閑散としたエリアを結ぶ渡船。
徒歩客よりも自転車客がメインになります。

P3087196.jpg

あっという間に泉尾側へ到着。写真は港区福崎の方を向いて撮影。
渡船で上陸する大正区。ちょっとマニアックなショートトリップの始まり始まり。。。

P3087198.jpg

自転車の利用者はひきりなし。。。
書き忘れましたけど、渡船は市営で無料です。
利用者がいるかぎり継続して欲しいサービスですが、
大阪市のお財布とも相談しなければなりませんね…。



続く

スポンサーサイト


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://tetsuya1013.blog129.fc2.com/tb.php/1491-a994512e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)