懐かしい風景を求めて
懐かしいもの、昭和なもの大好きな変わり者です。 旅行に写真にドライブに野球に酒に多趣味な管理人が気ままに書いてます。
プロフィール

ねじまき

Author:ねじまき
中高時代は鉄道好き、大学以降は旅行好き、社会人でカメラに目覚め、ここ数年でまた鉄道熱が復活した管理人です。
表題の通りノスタルジックな風景が大好きで、廃墟・ホーロー看板・木造駅舎・商店街・坂道・酷道などをこよなく愛す変な人です。



閲覧ありがとうございます!



アクセスランキング

[ジャンルランキング]
旅行
102位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
14位
アクセスランキングを見る>>



最新記事



最新コメント



カテゴリ



最新トラックバック



月別アーカイブ



フリーエリア

沖縄 旅行情報
沖縄旅行情報



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



2015.5 北九州山口GW旅 第2回 下関レトロと唐戸市場
P5039251.jpg

門司港駅から歩いてすぐのところにある、門司港桟橋(マリンゲートもじ)。
この日は関門観光。大きな荷物は門司港駅のコインロッカーに放り込み、
まずは門司港から下関側へ船で渡ります。

使うのは「関門海峡クローバーきっぷ」。
門司港と下関唐戸港を結ぶ関門汽船、唐戸からみもすそ川までのサンデンバス、
人道トンネルで九州側へ戻り、関門海峡めかりから九州鉄道記念館までの
トロッコ潮風号の乗車が可能な周遊きっぷです。逆回りも可。

http://www.retro-line.net/about/value_tickets/%E9%96%A2%E9%96%80%E6%B5%B7%E5%B3%A1%E3%82%AF%E3%83%AD%E3%83%BC%E3%83%90%E3%83%BC%E3%81%8D%E3%81%A3%E3%81%B7/
↑ 関門海峡クローバーきっぷの詳細はこちら

P5039264.jpg

門司港~下関唐戸港は所要わずかに5分。
運転間隔は約20分毎でかなり使いやすいと思いますね。

P5039265.jpg

船を下りると、そこは山口県。
唐戸界隈にはレトロ建築が多く見られるエリアでもあります。
ホントはひとつひとつ見て歩きたいところですが、今回は家族旅行ですし、
ちょうど雨模様ということで、見える範囲のものを撮るだけで我慢することにしました…。

P5039268.jpg

大通りでひときわ存在感を放つ、旧秋田商会ビル。
1915年竣工の、和洋折衷建築。

P5039270.jpg

旧秋田商会ビルのすぐ隣にあるのは、下関南部町郵便局。
1900年築、日本最古の郵便局建築で、なんと今も現役だそうです。
国の登録有形文化財。

P5039274.jpg

下関南部町郵便局の全景。
南部町で「なべ」町と読むみたいですね。

P5039272.jpg

こちらは唐戸市場のすぐ前にある、旧下関英国領事館。
1906年築。重要文化財指定。

P5039276.jpg

唐戸商店街のタウンアーチ。

P5039280.jpg

今回はあくまでも、普通の観光メインのゴールデンウィーク家族旅行です。
という訳で、下関の唐戸に来て唐戸市場に行かない訳にはいきますまい。

P5039281.jpg

時間的にお昼なので、ここで食べ物を探しながらウロウロ。
唐戸市場は観光客メインではあるものの、干物などのコーナーは
地元の方の利用もしっかりあるような印象でした。

市場内には寿司のバラ売りや魚介類の揚げ物など、いろいろと売られているので、
適当に買い漁ってお昼にすることは十分に可能。
2階には座るスペースがあり、そこで食べることができます。

P5039287.jpg

ゴールデンウィークの唐戸市場は大繁盛。

P5039292.jpg

お昼を済ませた後は、サンデンバスに乗って関門人道トンネルへ…。
傘が無いというのに、雨は強くなるばかりです…。



続く

スポンサーサイト


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://tetsuya1013.blog129.fc2.com/tb.php/1496-d17692c2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)