懐かしい風景を求めて
懐かしいもの、昭和なもの大好きな変わり者です。 旅行に写真にドライブに野球に酒に多趣味な管理人が気ままに書いてます。
プロフィール

ねじまき

Author:ねじまき
中高時代は鉄道好き、大学以降は旅行好き、社会人でカメラに目覚め、ここ数年でまた鉄道熱が復活した管理人です。
表題の通りノスタルジックな風景が大好きで、廃墟・ホーロー看板・木造駅舎・商店街・坂道・酷道などをこよなく愛す変な人です。



閲覧ありがとうございます!



アクセスランキング

[ジャンルランキング]
旅行
102位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
14位
アクセスランキングを見る>>



最新記事



最新コメント



カテゴリ



最新トラックバック



月別アーカイブ



フリーエリア

沖縄 旅行情報
沖縄旅行情報



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



2015.2 西瀬戸逍遥 第19回 音戸町・引地の町並み
P3016452.jpg

音戸の町歩きスタートです。
まずは音戸渡船乗り場の裏手の山の麓、少ない平地に広がる
細い路地と古い家並みが素敵なエリアから。

P3016454.jpg

音戸町・引地の町並み。
海沿いから一本山側に通る筋は南北に長く続いていて、
歴史を感じる古い商家が点々と残っています。

P3016456.jpg

海沿いの通りに抜ける細い路地。

P3016459.jpg

この錆びたトタンもいい具合です。

引地のメインストリート(でしょうか?)は、道幅が狭く、
軽自動車なら何とか、といったレベルの幅です。

P3016464.jpg

渡船から見えた料亭・戸田本店さんの裏口側、でしょうかね。
奥に写っている赤いのは、第二音戸大橋の橋脚です。

P3016472.jpg

行儀よく待つ猫さん。
開かぬなら、開くまで待とう。

P3016477.jpg

斜めの屋根に、トタンに石塀。
なぜか記憶に残ったガレージの光景。

P3016480.jpg

前回記事でちょっと言及した法専寺の門前。
引地の町の裏道は、音戸大橋のループ部分を避けるようにして
少し坂道を登って行くルーティング。

P3016483.jpg

路地を抜ける途中で引地から鰯浜の町に変わります。
上の写真はその境界にて。

P3016487.jpg

引地から路地を抜けたところにある、城谷本店さん。
芸能人・城みちるさんの実家だそうです。

抜けてきた路地は写真右奥へと続く道。

P3016488.jpg

城谷本店さんから、道は更に南へ向かって伸びて行きます。

P3016490.jpg

振り返って城谷本店さん、そしてその背後に迫る音戸大橋のループ。



続く

スポンサーサイト


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://tetsuya1013.blog129.fc2.com/tb.php/1540-e4b36e6a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)