懐かしい風景を求めて
懐かしいもの、昭和なもの大好きな変わり者です。 旅行に写真にドライブに野球に酒に多趣味な管理人が気ままに書いてます。
プロフィール

ねじまき

Author:ねじまき
中高時代は鉄道好き、大学以降は旅行好き、社会人でカメラに目覚め、ここ数年でまた鉄道熱が復活した管理人です。
表題の通りノスタルジックな風景が大好きで、廃墟・ホーロー看板・木造駅舎・商店街・坂道・酷道などをこよなく愛す変な人です。



閲覧ありがとうございます!



アクセスランキング

[ジャンルランキング]
旅行
171位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
18位
アクセスランキングを見る>>



最新記事



最新コメント



カテゴリ



最新トラックバック



月別アーカイブ



フリーエリア

沖縄 旅行情報
沖縄旅行情報



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



2015.2 西瀬戸逍遥 第23回 仁方駅の木造駅舎と一の湯
P3016622.jpg

安芸阿賀から広で乗り継いで、仁方で下車します。
ここでの下車は、もちろん古い木造駅舎が目的のひとつ。

安芸阿賀 10:07発 → 10:12着 広 10:26発 → 仁方 10:30着。

乗ってきた列車は、当時放送中だったNHK連続テレビ小説「マッサン」のラッピング車両。

P3016624.jpg

ホームは対面式の2面2線。駅舎は1番ホーム(上り/竹原・三原方面)側。
向かいの2番ホーム(下り/呉・広島方面)にも古い木造の上屋が残されています。

後ろの跨線橋は駅の北側(正面)と南側(裏側)とを結ぶもの。
ホームを繋ぐ跨線橋は反対側(ホーム西側)に設置されています。

P3016625.jpg

2003年に無人駅となった仁方駅。
2013年度、一日平均乗車人員は689人。

P3016626.jpg

駅周辺は静かな住宅街。
それなりに広めの駅前スペースを擁します。

P3016629.jpg

仁方駅(広島県呉市仁方本町)
1935年開業。この線区は開通が割と遅めのようですね。
1946年から1982までの36年間、ここ仁方と愛媛の堀江を結ぶ国鉄航路「仁堀航路」の
連絡駅として機能していました。自分が生まれて間もなく廃止になったので、
当時がどんな様子だったのかは、想像の世界です…。

P3016630.jpg

仁堀連絡船が発着していた仁方港は駅の裏側。徒歩12分と、便利とは言い難い距離。
アクセスの悪さからか、利用者が多くないローカル航路だったようで、
赤字を理由に廃止された唯一の国鉄航路と言われています。

P3016631.jpg

静かな駅前通り。真っ直ぐ進んで、国道185号とぶつかります。
駅から10分ほど山側に歩いたところに仁方の古い町並みがあるようですね。
清酒「雨後の月」の相原酒造さんなんかも、そこにあります。

P3016634.jpg

チューリップが咲くまであと2ヶ月くらい…?(当時3月1日)

P3016636.jpg

P3016637.jpg

ちょっと脇道を覗いてみると、なんと銭湯がありました。
一の湯さん(表記は一乃湯?)、2016年5月現在でも廃業情報はないので現役かと。
呉線沿線に残る数少ない銭湯のひとつですね。

P3016640.jpg

暖簾が掛かっていますが、午前中のこの時間は営業時間外。
調べると、暖簾は出しっ放しの銭湯みたいです。

P3016645.jpg

さて、ここからはバスの旅。
駅近くの県道261号線沿いにある仁方駅前バス停から。
広電のバス停ですが、乗るのは瀬戸内産交バス。大崎下島行きです。。。



続く

スポンサーサイト


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://tetsuya1013.blog129.fc2.com/tb.php/1544-9b3146af
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)