懐かしい風景を求めて
懐かしいもの、昭和なもの大好きな変わり者です。 旅行に写真にドライブに野球に酒に多趣味な管理人が気ままに書いてます。
プロフィール

ねじまき

Author:ねじまき
中高時代は鉄道好き、大学以降は旅行好き、社会人でカメラに目覚め、ここ数年でまた鉄道熱が復活した管理人です。
表題の通りノスタルジックな風景が大好きで、廃墟・ホーロー看板・木造駅舎・商店街・坂道・酷道などをこよなく愛す変な人です。



閲覧ありがとうございます!



アクセスランキング

[ジャンルランキング]
旅行
102位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
14位
アクセスランキングを見る>>



最新記事



最新コメント



カテゴリ



最新トラックバック



月別アーカイブ



フリーエリア

沖縄 旅行情報
沖縄旅行情報



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



2015.2 西瀬戸逍遥 第32回 大崎上島・大西港界隈を歩く
P3017023.jpg

バスに揺られること13分。円山医院バス停で下車します。16:10着。
目的地はバスの終点である大西港。そこから船で本州に戻るプランですけど、
真っ直ぐ向かっても接続時間があるので、終点の少し手前で下車して
港まで歩くことにしたのでした。

P3017026.jpg

このあたりは大崎上島町の役場がある、町の中心地。その西端あたり?
地図を見れば一目瞭然ですが、木江天満から大西港へはそんなに遠くないのですが、
明石港を経由してくることでかなり大回りをしていることになってます。

P3017029.jpg

コミュニティバス・おと姫バスは接続を考慮された良心的なバスではありますが、
やはり本数は多いとは言えず、近いルートのバスには時間が合わなかった、ということ。
距離にして木江天満から6km程度だから歩けなくもないですが、山越えがありますから…。

P3017031.jpg

円山医院バス停から港までは1kmないくらい。
こんな古い商店(跡?)を見ながら、ゆっくりと歩いて行きます。
ルートは全く複雑ではないです。

P3017033.jpg

バスを降りてからずっと川?水路?沿いに海に向かって歩いて行くと、
正面にいかにも工場っぽい建物が見えて来ます。水辺には鷺も。

P3017036.jpg

これは川ではなく、道路の水たまり。

P3017038.jpg

水路沿いの家並み。歪んだ屋根瓦…。

P3017040.jpg

工場っぽいのは工場ではなく、JAの選果場でした。
工場跡地の転用か何かでしょうか…?

P3017045.jpg

前方に見えたのは、大崎上島と近くの長島とを結ぶトラス橋である長島大橋。
大崎上島は本州とは繋がっていませんが、こうして近隣の島とは車で行き来できるんですね。
因みにですが、ここ大崎上島は、瀬戸内海にある「陸路で本州・四国へ渡れない島」の中で
最大の島になるようです。

過去の記事で書いたかも知れませんが、大崎下島と大崎上島を結ぶ橋、
そして大崎上島と本州とを結ぶ橋の計画は前々からあるそうですが、
実現するかどうかは…、また別のお話ですよね。

P3017049.jpg

歩いて大西港へやって来ました。
ここは本州の安芸津への航路が発着しています。
もし将来的に橋が架かれば、この港は消滅してしまうんでしょう…。

P3017053.jpg

レトロな絵柄。釣り客の来島が多いんでしょうかね。

P3017057.jpg

さて、安芸津までは大人380円。運賃は良心的でしょうか。
16:45大西発の便で、島から本土へ戻ります。

P3017059.jpg

この航路は車も乗れるフェリー。

P3017061.jpg

さようなら、大崎上島。
この旅行記もそろそろ終わりが近いです。。。




続く

スポンサーサイト


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://tetsuya1013.blog129.fc2.com/tb.php/1553-a4d41b0c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)