懐かしい風景を求めて
懐かしいもの、昭和なもの大好きな変わり者です。 旅行に写真にドライブに野球に酒に多趣味な管理人が気ままに書いてます。
プロフィール

ねじまき

Author:ねじまき
中高時代は鉄道好き、大学以降は旅行好き、社会人でカメラに目覚め、ここ数年でまた鉄道熱が復活した管理人です。
表題の通りノスタルジックな風景が大好きで、廃墟・ホーロー看板・木造駅舎・商店街・坂道・酷道などをこよなく愛す変な人です。



閲覧ありがとうございます!



アクセスランキング

[ジャンルランキング]
旅行
190位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
18位
アクセスランキングを見る>>



最新記事



最新コメント



カテゴリ



最新トラックバック



月別アーカイブ



フリーエリア

沖縄 旅行情報
沖縄旅行情報



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



2015.4 鶴見線・駅めぐり~鶴見駅と扇町駅
P3207739.jpg

続きましては、これまた昨年のネタですか。
鉄道ファンには有名な鶴見線とその支線を巡った時の写真を続けたいと思います。
数回に渡りますので、よろしくお願いします…。

以前アップした国道駅と新芝浦駅の訪問記とは続きシリーズになります。

2015.4 鶴見線・駅めぐり~国道駅
2015.4 鶴見線・駅めぐり~新芝浦駅

P3207741.jpg

スタート地点は鶴見駅。鶴見線の起点になる駅。
写真は鶴見線のホーム。(1,2番線)
対面式ですが、向かいのホームが使用されるのは朝のラッシュ時のみ、とのこと。

P3207743.jpg

実は頭端式ホームだったりします。
京浜東北線が地上ホームなのに対して、ここは高架。
鶴見線と京浜東北線は繋がって無いんでしょうかね…。

P3207744.jpg

年季の入った屋根。

P3207749.jpg

鶴見線は本線の他、大川支線と海芝浦支線があります。
全部巡りますが、まずは本線を乗り通してみます。
上の写真は鶴見小野駅にて。国鉄時代から変わらないであろうホームの風景。

P3207759.jpg

鶴見線本線の終着駅・扇町駅に到着しました。
鶴見から扇町まで所要はわずかに17分間。

P3207761.jpg

P3207763.jpg

片面のみのシンプルなホーム。
工業地帯に敷設された鶴見線は何本もの引き込み線があり、駅の先もそのまま
線路が工場内に繋がっていたりします。

P3207765.jpg

線路脇にネコさん発見。ゆるい雰囲気ですなぁ。

P3207770.jpg

工業地帯の鶴見線、特に扇町、大川、海芝浦は工業地帯ど真ん中であるため、
朝夕は便数が多いですが、昼間は本数が少ないので要注意です。
扇町は昼間は2時間おき…。

P3207773.jpg

完全に住み着いてる感のあるネコさん。
他にも多くネコさんがいるようで、撮影スポットにもなっているとか。

P3207774.jpg

扇町駅(神奈川県川崎市川崎区)
1928年に鶴見臨港鉄道の貨物駅として開業、1930年から旅客扱い開始。
無人駅ですが、列車が折り返し運転を行うため一時的に人が居る状態にはなります。

川崎市にある駅なんですが、特定都区市内制度上の横浜市内の駅、になってます。
理由はよく分かりませんが…。

P3207776.jpg

扇町駅から更に南へと続く貨物線。三井埠頭の専用線だそうです。
ここから輸入コークスを秩父まで輸送しているんだとか…。



続く

スポンサーサイト


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://tetsuya1013.blog129.fc2.com/tb.php/1559-058abe9e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)