懐かしい風景を求めて
懐かしいもの、昭和なもの大好きな変わり者です。 旅行に写真にドライブに野球に酒に多趣味な管理人が気ままに書いてます。
プロフィール

ねじまき

Author:ねじまき
中高時代は鉄道好き、大学以降は旅行好き、社会人でカメラに目覚め、ここ数年でまた鉄道熱が復活した管理人です。
表題の通りノスタルジックな風景が大好きで、廃墟・ホーロー看板・木造駅舎・商店街・坂道・酷道などをこよなく愛す変な人です。



閲覧ありがとうございます!



アクセスランキング

[ジャンルランキング]
旅行
121位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
14位
アクセスランキングを見る>>



最新記事



最新コメント



カテゴリ



最新トラックバック



月別アーカイブ



フリーエリア

沖縄 旅行情報
沖縄旅行情報



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



2015.4 鶴見線・駅めぐり~安善駅
P3207819.jpg

武蔵白石駅から安善駅へと歩いています。
工業地帯の生活空間。下町チックな雰囲気がイイですね。

P3207821.jpg

P3207823.jpg

寛政町という、歴史ありそうな町名です。
地図で見ると、工場や学校などに取り囲まれ、隔離されたような住宅街になってます。

P3207824.jpg

そして、安善駅に到着。
瓦屋根の木造駅舎。

P3207825.jpg

安善駅(神奈川県横浜市鶴見区)
1926年、鶴見臨港鉄道の貨物駅・安善町駅として開業。
1930年には安善通駅を名乗る旅客扱いの駅が設置され、
1943年、国鉄に移管されるタイミングで両駅を統合する形で安善駅が誕生。

小さな木造駅舎ですが、外壁は塗りたて…?ってくらい真っ白。
ネット検索すると外壁ボロボロの写真も出てきますが…。

P3207826.jpg

安善は地名ではなく、安田財閥創業者であり、鶴見線の前身である
鶴見臨港鉄道を支援した安田善次郎の名前に由来するそうです。

P3207827.jpg

鶴見線の他の駅と同様、1971年に無人化されています。

P3207831.jpg

ホームから撮影。
駅裏にある、JR貨物の安善駅本部。隣には日通の安善営業所も。
だから引越しがどうとか書いてあるのかも知れません。

P3207832.jpg

臨港工業地帯の貨物駅の風景。

P3207834.jpg

安善駅は島式ホームの1面2線。
ここから大川支線が分岐しますが、ホームはシンプル。
お次はこの大川支線で大川駅へと向かいます。。。



続く

スポンサーサイト


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://tetsuya1013.blog129.fc2.com/tb.php/1562-2f7c4bc4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)