懐かしい風景を求めて
懐かしいもの、昭和なもの大好きな変わり者です。 旅行に写真にドライブに野球に酒に多趣味な管理人が気ままに書いてます。
プロフィール

ねじまき

Author:ねじまき
中高時代は鉄道好き、大学以降は旅行好き、社会人でカメラに目覚め、ここ数年でまた鉄道熱が復活した管理人です。
表題の通りノスタルジックな風景が大好きで、廃墟・ホーロー看板・木造駅舎・商店街・坂道・酷道などをこよなく愛す変な人です。



閲覧ありがとうございます!



アクセスランキング

[ジャンルランキング]
旅行
197位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
20位
アクセスランキングを見る>>



最新記事



最新コメント



カテゴリ



最新トラックバック



月別アーカイブ



フリーエリア

沖縄 旅行情報
沖縄旅行情報



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



2015.4 鶴見線・駅めぐり~海芝浦駅
P3207862.jpg

鶴見線の駅めぐりも今回で最終回となります。
最後の海芝浦支線に乗り、京浜運河沿いの車窓を眺めます。

P3207865.jpg

浅野駅から2駅、終点の海芝浦駅に到着です。
過去にテレビやネットでしか見たことがなかった海に面したホームの風景が目の前に。
これは良いロケーションですねぇ。

P3207866.jpg

「うみしばうら」の下の「浜」マークは、横浜市内の駅であることを表しているんでしょうか。

P3207869.jpg

片面ホームのみの海芝浦駅、線路はホームの頭端で途切れています。
本線終点の扇町駅、大川支線終点の大川駅との違いですかね。

ここは改札がそのまま東芝京浜事業所の門になっていて、
職員の方々以外は改札を出ることができなくなっています。これも有名な話。

P3207871.jpg

P3207873.jpg

そもそも、駅自体が東芝所有地に設置されているという…。
特殊なロケーションから注目度が高く、訪れる一般客もそれなりに多いため、
「駅に憩いの場を」と東芝が改札内に整備したのがこの海芝公園。1995年の話です。

P3207874.jpg

開園時間は9:00~20:30。
夜景が綺麗なようで、それを目当てにやって来る人もいるとか。
公園自体は広くはなく、細長い敷地に小道とベンチが設置されている簡素なもの。

P3207876.jpg

暮れゆく京浜運河の光景。確かに眺め良いですね。
写真の大きな橋は、首都高速湾岸線に架かる鶴見つばさ橋。

P3207879.jpg

P3207881.jpg

東芝京浜事業所。

P3207883.jpg

海芝浦駅(神奈川県横浜市鶴見区)
1940年開業。他の駅と違い、旅客扱いの駅として開業しています。
1971年に無人化。上述のとおり一般客は改札外に出られないため、
折り返しの精算のため、改札内に自動券売機やSuica改札機が設置されています。

P3207895.jpg

鶴見線の他の末端部分と同じく、朝夕しかまともに訪問できません。
扇町や大川が歩いてでも辿り着けるのに対し、海芝浦は東芝の敷地内になるため、
電車でしか来ることができない、という制約がありますね。

P3207896.jpg

という訳で、ダイヤが設定されている夕方に各線を急ぎ足で巡ってみました。
一応これで鶴見線はひと通り見て回ったことになるのかな…。
鶴見小野や浜川崎をまともに見ていないのがちょっと心残りか…。

とりあえず鶴見線シリーズはこれにて終了と致します。

次回からはまた別のネタを…。



スポンサーサイト


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://tetsuya1013.blog129.fc2.com/tb.php/1564-8e0c0561
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)