懐かしい風景を求めて
懐かしいもの、昭和なもの大好きな変わり者です。 旅行に写真にドライブに野球に酒に多趣味な管理人が気ままに書いてます。
プロフィール

ねじまき

Author:ねじまき
中高時代は鉄道好き、大学以降は旅行好き、社会人でカメラに目覚め、ここ数年でまた鉄道熱が復活した管理人です。
表題の通りノスタルジックな風景が大好きで、廃墟・ホーロー看板・木造駅舎・商店街・坂道・酷道などをこよなく愛す変な人です。



閲覧ありがとうございます!



アクセスランキング

[ジャンルランキング]
旅行
171位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
18位
アクセスランキングを見る>>



最新記事



最新コメント



カテゴリ



最新トラックバック



月別アーカイブ



フリーエリア

沖縄 旅行情報
沖縄旅行情報



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



2014.9 南紀三天遊 第6回 椿駅の木造駅舎
P9137914.jpg

紀伊日置の次の椿駅にて。
この和歌山旅行の宿が椿温泉なので、ここで下車します。椿、15:42着。

P9137913.jpg

椿駅は片面+島式の2面3線でしたが、島式の3番線はポイントが外されたようで、
今は2面2線のみが使われているみたいです。アクセス跨線橋で。
山間部にある椿駅はホームがカーブを描いています。

P9137915.jpg

そしてここにも木造駅舎が残っているんですな。
椿温泉の玄関口ということで歓迎されているんですけど、
温泉はここから2km弱離れた海沿いにあるので近くはありません。
この駅を利用する温泉客はどのくらいいるんでしょうね…。

「奥白浜椿温泉」とありますが、「奥白浜」という表現は初めて見ました…。

P9137907.jpg

椿駅(和歌山県西牟婁郡白浜町椿)
1936年、紀勢西線が延伸により終着駅として開業。
開業時は五能線に椿駅が既にあったため、紀伊椿駅を名乗っていました。
その後1964年に五能線の椿駅が改称されたため、1965年、晴れて椿駅になったそうな。

周囲は寂しいですが、椿駅の玄関口として急行列車時代から優等列車の停車駅で、
特急くろしおも停車していましたが、2015年に停車駅から外され、今は普通のみに。

P9137909.jpg

椿駅ということで、椿の花のマークが添えられた駅名表示。

P9137911.jpg

1985年に簡易委託駅となり、2003年に完全無人化。
2014年度、一日平均乗車人員は29人と、温泉地の玄関としては寂しい数字です。
それでも駅には草花が飾られており、今でも維持管理の手が入っていることが伺えます。

P9137916.jpg

駅前に民家はほぼなく、椿小学校があるくらいでしょうか。

P9137918.jpg

山に囲まれた椿駅の木造駅舎(全景)。
温泉から離れた椿駅は特に連絡バスがあるわけでもなく、移動手段は宿の送迎バスか、
歩きくらい。そして我が家は…、歩きます…!

P9137920.jpg

小さい子連れで、朝来帰川沿いに30分弱ほど歩けば海沿いの集落に出ます。
写真は椿郵便局。

P9137921.jpg

歩いてきた道を振り返って撮影。県道215号線。
この細い道の先に椿駅があります。

P9137924.jpg

国道42号との合流地点・朝来帰(あさらぎ)交差点から、椿漁港の風景。

次回は椿温泉の風景をお送りします…。



続く

スポンサーサイト


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://tetsuya1013.blog129.fc2.com/tb.php/1573-61520714
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)