懐かしい風景を求めて
懐かしいもの、昭和なもの大好きな変わり者です。 旅行に写真にドライブに野球に酒に多趣味な管理人が気ままに書いてます。
プロフィール

ねじまき

Author:ねじまき
中高時代は鉄道好き、大学以降は旅行好き、社会人でカメラに目覚め、ここ数年でまた鉄道熱が復活した管理人です。
表題の通りノスタルジックな風景が大好きで、廃墟・ホーロー看板・木造駅舎・商店街・坂道・酷道などをこよなく愛す変な人です。



閲覧ありがとうございます!



アクセスランキング

[ジャンルランキング]
旅行
173位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
19位
アクセスランキングを見る>>



最新記事



最新コメント



カテゴリ



最新トラックバック



月別アーカイブ



フリーエリア

沖縄 旅行情報
沖縄旅行情報



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



2015.10 奈良天川・面不動鍾乳洞
PA033701.jpg

再び洞川温泉の町へと戻って来ました。
こちらは洞川小学校・中学校。

PA033707.jpg

山上川の右岸の方を歩いて行きます。

PA033709.jpg

池がキレイだったのは広い境内を持つ龍泉寺さん。
もう1ヶ月ちょいもすれば紅葉も綺麗そうです。

PA033717.jpg

龍泉寺前の風景。山上川沿いの木造建築が画になります。
千と千尋とまでは言いませんが、とても雰囲気のある温泉街です。

PA033719.jpg

同じく山上川沿いの風景。
こんな感じの歩行者専用の赤い橋がいくつか架かっています。

PA033726.jpg

そしていきなりですが、モノレールに乗っています。
五代松鍾乳洞に続いては、温泉街の近くにある面不動鍾乳洞。
こちらも山の上に入口があるのでモノレールが運行していますが、
こちらの方はリニューアルされたもので、定員数も格段に多く、しっかりしてます。

PA033730.jpg

モノレールからは洞川温泉の町並みが一望できます。
この景色を見るだけでも、モノレールに乗る価値があるというもの。
因みに、五代松鍾乳洞よりも高低差があるので、歩いて登ると大変だと思います。

PA033734.jpg

洞川地区には複数の鍾乳洞がありますが、ここ面不動鍾乳洞が代表格と言えるでしょうね。
関西圏で成長する鍾乳石を見学できる数少ない鍾乳洞のひとつとか。

PA033737.jpg

延長150mとのことで、あまり長くはないですけど、見ごたえはあります。

PA033743.jpg

<面不動鍾乳洞 基本データ>

入洞料   大人400円 小人200円(4歳~小学生)
定休日   年末年始のみ(※要確認)
営業時間  9:00~18:00
        夏季は8:00~19:00、10~3月の冬季は9:00~17:00

モノレール 大人300円(往復500円) 小人200円(往復300円)(4歳~小学生)

PA033747.jpg

面不動鍾乳洞の麓にあった八幡宮では秋祭りか何かをやっていて、
仮設テントでは地元のおっちゃんが演歌を熱唱中でした。

PA033748.jpg

夕暮れが近い、洞川温泉にて。

PA033752.jpg

駐車場へ戻り、仕上げに洞川温泉センターで温泉を楽しんで帰途に就きました…。

洞川温泉の町並みと鍾乳洞めぐり、大阪からの日帰り旅にちょうど良い感じでしたね。
見残した蟷螂の岩屋と蝙蝠の岩屋を見られる機会があれば、また訪れたいところです。。。

これにて奈良天川・洞川温泉のネタは終了です。。。



続く

スポンサーサイト


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://tetsuya1013.blog129.fc2.com/tb.php/1581-709dca05
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)