懐かしい風景を求めて
懐かしいもの、昭和なもの大好きな変わり者です。 旅行に写真にドライブに野球に酒に多趣味な管理人が気ままに書いてます。
プロフィール

ねじまき

Author:ねじまき
中高時代は鉄道好き、大学以降は旅行好き、社会人でカメラに目覚め、ここ数年でまた鉄道熱が復活した管理人です。
表題の通りノスタルジックな風景が大好きで、廃墟・ホーロー看板・木造駅舎・商店街・坂道・酷道などをこよなく愛す変な人です。



閲覧ありがとうございます!



アクセスランキング

[ジャンルランキング]
旅行
176位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
19位
アクセスランキングを見る>>



最新記事



最新コメント



カテゴリ



最新トラックバック



月別アーカイブ



フリーエリア

沖縄 旅行情報
沖縄旅行情報



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



2014.9 丹後旅行記 第5回 鳴き砂の浜・琴引浜の風景
P9238433.jpg

天然記念物および名勝、琴引浜。
ここに来るのは2度目。
言わずと知れた、キュッキュッと音が鳴る、鳴き砂の浜。

P9238438.jpg

前回が曇天だったので、こんな天気の良い琴引浜は初めて。
改めて見ると、とっても広い!波打ち際が遠い!

P9238440.jpg

鳴き砂と言えば、山陰の馬路に琴ヶ浜もありますね。
名前が似てるので、いつもどっちがどっちか考えてしまいます…。

P9238445.jpg

広い場所に来たら何故か走り出す長男。
(先日鳥取砂丘に行った時もすごい走り回ってました。)

P9238448.jpg

P9238454.jpg

日本の白砂青松100選であり、日本の渚100選でもあります。

P9238476.jpg

全長1.8kmもある広大な砂浜です。

P9238481.jpg

もちろん鳴き砂もしっかりキュッキュしてました。
鳴き砂が鳴るには、砂が乾燥していること、それにゴミがないことが大事。
あと、鳴らし方にもコツがありますよ~。
砂の表面を横に擦るように摺り足で歩くとよく音が鳴ります。
同じような動きをすれば手でも鳴らせます。

P9238483.jpg

長男に捕まり、さんざん遊ばれてやっと解放されたカニさん。。。

P9238490.jpg

砂浜にある湯船…!
琴引浜には温泉が湧いていて、ここでは無料で浸かることが可能。
湯船の下の岩はかなりヌルヌルしているので要注意。
長男がここで転んで唇を派手に切りました…。

P9248504.jpg

お宿は琴引浜へ歩いてすぐの民宿・尾江さん。
こちらも鳴き砂温泉に入ることができます。

P9238495.jpg

夕食には海の幸がたくさん。
立地が良いし、温泉もあるし、なかなか悪くないお宿かなと。
丹後に行くことがあればリピートしても良いかな…。

P9238431.jpg



続く

スポンサーサイト


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://tetsuya1013.blog129.fc2.com/tb.php/1591-0cdd634b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)