懐かしい風景を求めて
懐かしいもの、昭和なもの大好きな変わり者です。 旅行に写真にドライブに野球に酒に多趣味な管理人が気ままに書いてます。
プロフィール

ねじまき

Author:ねじまき
中高時代は鉄道好き、大学以降は旅行好き、社会人でカメラに目覚め、ここ数年でまた鉄道熱が復活した管理人です。
表題の通りノスタルジックな風景が大好きで、廃墟・ホーロー看板・木造駅舎・商店街・坂道・酷道などをこよなく愛す変な人です。



閲覧ありがとうございます!



アクセスランキング

[ジャンルランキング]
旅行
157位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
17位
アクセスランキングを見る>>



最新記事



最新コメント



カテゴリ



最新トラックバック



月別アーカイブ



フリーエリア

沖縄 旅行情報
沖縄旅行情報



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



2014.11 鉄道遺産を巡る旅 第6回 片上鉄道保存会・展示運転
PB029844.jpg

同和鉱業片上鉄道は、柵原鉱山の鉱石を積出港である片上港へ輸送する目的で
敷設された鉄道。鉱石出荷量減で輸送手段がトラックに切り替えられたことにより、
1991年に惜しくも廃止されています。

PB029843.jpg

廃止されて25年になる片上鉄道ですが、今でも有志の保存会によって
車両や駅舎が保存されており、毎月一度(第一日曜日)に車両の展示運転も
実施しているということで、その日に合わせてこの旅程を組んだ訳です。

会場となるのは旧吉ヶ原駅のある、柵原ふれあい鉱山公園。
現存する木造駅舎は、国の登録有形文化財となっています。

駅舎の横に広めの駐車スペースがあり、昼過ぎの到着でしたが難なく駐車できました。

PB029850.jpg

展示運転は10:00~15:00で、この吉ヶ原駅から約400mの区間を往復運転しています。

PB029853.jpg

窓口で300円を支払い、片上鉄道保存会の一日会員になることで、
展示運転の車両に乗車することができます。
鉄道業者との契約を結んで(=きっぷを買って)乗車する訳ではないので、
何かあっても自己責任ですよ、との注意書きがあります。

PB029855.jpg

かつて片上鉄道で運用されていた客車。
青い客車なのでブルートレインと呼ばれていたそうです。

PB029859.jpg

吉ヶ原は終点だった柵原のひと駅手前。
現在動態保存で使われている線路は、吉ヶ原から柵原方面への400m分。

PB029860.jpg

サボは「吉ヶ原~片上」。終点は柵原のハズですが、吉ヶ原止まりもあったのか、
それとも保存会のお手製でしょうか…?

PB029861.jpg

吉ヶ原駅からかつての片上方面を向いて撮影。
こちらの線路はすぐに途絶えるので、駅のすぐ先で列車は折り返します。

PB029866.jpg

駅の西側にある踏切から見る、吉ヶ原駅構内。
片上鉄道保存会では合計11両の車両を保存しています。
この写真撮影している踏切も、保存会の活動によって復活した鉄道遺産のひとつです。

PB029869.jpg

構内踏切越しに見る、吉ヶ原駅の木造駅舎。
保存会の方の服装もレトロなもので、一昔前にタイムスリップしたような光景ですね。

PB029873.jpg

この時の展示運転は、キハ303とキハ702の2連で行われていました。

PB029880.jpg

月イチの鉄道イベント、訪れる方も適度に多かったですね。
多すぎず、少なすぎず、といったところ。
展示運転は何度も往復するので、別に混雑しすぎることもなく、
お客さんも席の確保に走ることもなく、ゆったりとした雰囲気でした。

PB029892.jpg

一日会員になれば、何度でも乗車することが可能です。
我々は一度乗って満足したので何度も乗りはしませんでしたが…。

PB029898.jpg

一度は訪れてみたかった片上鉄道保存会の展示運転、なかなか好印象でした。
訪問から2年近く経っていますが、2016年8月現在もこの時と変わらず毎月第一日曜日に
展示運転のイベントは続いているようです。
自治体の美咲町からの支援も受けつつ、活動が続いているようで、喜ばしいことです。
また一日会員になって微力ながら保存会を支援できれば良いなと思っています。



続く

スポンサーサイト


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://tetsuya1013.blog129.fc2.com/tb.php/1611-2acc92af
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)