懐かしい風景を求めて
懐かしいもの、昭和なもの大好きな変わり者です。 旅行に写真にドライブに野球に酒に多趣味な管理人が気ままに書いてます。
プロフィール

ねじまき

Author:ねじまき
中高時代は鉄道好き、大学以降は旅行好き、社会人でカメラに目覚め、ここ数年でまた鉄道熱が復活した管理人です。
表題の通りノスタルジックな風景が大好きで、廃墟・ホーロー看板・木造駅舎・商店街・坂道・酷道などをこよなく愛す変な人です。



閲覧ありがとうございます!



アクセスランキング

[ジャンルランキング]
旅行
186位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
20位
アクセスランキングを見る>>



最新記事



最新コメント



カテゴリ



最新トラックバック



月別アーカイブ



フリーエリア

沖縄 旅行情報
沖縄旅行情報



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



2014.11 鉄道遺産を巡る旅 第8回(最終回) 片上鉄道~旧天瀬駅
PB029933.jpg

もうひとつの木造駅舎は、和気町岩戸にある天瀬駅。
国道374号線沿いにある天瀬コミュニティーハウスが目印。
ここも廃線跡は国道よりも少し高い位置に通っています。

PB029935.jpg

同じくサイクリングロードとなっている廃線跡に現れるホームと駅舎。旧天瀬駅です。

PB029951.jpg

天瀬駅の木造駅舎。
屋根や外壁の色は前回記事の苦木駅と全く同じ。
というのも、同じくサイクリングロードが整備されたタイミングで改修されたからです。

PB029943.jpg

ここもサイクリングロードの休憩所という名目です。
ここに入って休む人が居るのかは疑問ですけど。あ、雨宿りはできますね。

PB029940.jpg

「あまぜ」と思ってましたが、「あませ」でした。

PB029945.jpg

1923年にこの区間が開業。当初は天瀬駅はありませんでしたが、
その1年後の1924年に新設されています。
先の苦木駅より開業は7年ほど早いですね。

PB029947.jpg

正面は綺麗に塗り直されていましたが、裏側は塗ってないんでしょうかね、
いい具合の色褪せ具合でこっちのが好きかも。。。

PB029952.jpg

PB029959.jpg

駅舎のあたりをウロウロしていると、やって来たサイクリングの一団に
記念撮影をお願いされました。やっぱりサイクリスト多いですね。

この後は和気から東、下道をひたすら走って大阪へと帰還しました。

津山の扇形機関車庫、美作河井駅の転車台、知和駅と美作滝尾駅の再訪、
湯郷温泉に片上鉄道保存会の月イチイベント、それに片上鉄道の木造駅舎、
岡山県に残る鉄道遺産の多くを巡った旅はこれにて完結。
1泊2日で車だから巡れた各所ですね。なかなか鉄分の濃い旅で楽しめました…。


スポンサーサイト


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://tetsuya1013.blog129.fc2.com/tb.php/1613-7b22b382
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)