懐かしい風景を求めて
懐かしいもの、昭和なもの大好きな変わり者です。 旅行に写真にドライブに野球に酒に多趣味な管理人が気ままに書いてます。
プロフィール

ねじまき

Author:ねじまき
中高時代は鉄道好き、大学以降は旅行好き、社会人でカメラに目覚め、ここ数年でまた鉄道熱が復活した管理人です。
表題の通りノスタルジックな風景が大好きで、廃墟・ホーロー看板・木造駅舎・商店街・坂道・酷道などをこよなく愛す変な人です。



閲覧ありがとうございます!



アクセスランキング

[ジャンルランキング]
旅行
211位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
23位
アクセスランキングを見る>>



最新記事



最新コメント



カテゴリ



最新トラックバック



月別アーカイブ



フリーエリア

沖縄 旅行情報
沖縄旅行情報



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



2015.6 衣浦大橋を渡って亀崎駅へ
P6030853.jpg

前回の鬼みちの続きから。

三河高浜駅まで続く鬼みちですが、それを辿る訳ではなく、
今回の題名どおり衣浦湾の向こう側、JR武豊線の亀崎駅まで歩きます。

P6030857.jpg

高浜やきものの里 かわら美術館。
日本で唯一という、瓦専門の美術館だそうです。

P6030858.jpg

かわら美術館の裏手が衣浦大橋になります。
橋の手前で衣浦臨海鉄道の下をくぐりました。(衣浦大橋側から振り返って撮影)

P6030860.jpg

上下線が別々になった衣浦大橋。ちゃんと歩行者用の通路も完備。
見たところ、もとは右側のみの橋で対面通行だったような感じですね。
で左側の橋が追加されて今の形になった、と。

P6030862.jpg

夕暮れの衣浦湾。
暗い雲に覆われた空は、禍々しさも感じます。

P6030865.jpg

北の方を望遠で撮影。あの鉄橋は衣浦臨海鉄道ですね。
東浦駅から分岐して、あの鉄橋を渡って高浜・碧南側へ繋がっています。

P6030871.jpg

橋を渡り切ると、もう明るさも限界。

通りがかった亀崎の湯はスーパー銭湯風ではありますが、
県の公衆浴場業生活同業衛生組合に属するれっきとした銭湯です。

P6030872.jpg

衣浦大橋から亀崎駅への最短ルートは、高低差がある道でした。
亀崎駅の北東側は小高い丘になっているんですね。

P6030880.jpg

P6030882.jpg

日本最古の木造駅舎と言われる亀崎駅に初訪問。
できればもう少し明るい時間帯に着きたかったところですが、仕方ないですね。
ここはまた明るい時間帯に再訪することにしましょう。武豊線の末端部分も未乗ですし。

P6030885.jpg

建物資産標は明治19年1月。
明治19年=1886年、ということは、築130年ですか…!

P6030893.jpg

はい、これにて今回の旅は終了。
三河線の碧南周辺と、亀崎駅を組み合わせてみました。

中部圏はまだまだ行くべきところが山積みです。。。
愛知県に住んでる時にもっといろいろ巡っておけば…、と今更ながら後悔しております。

それではまた次の旅へ…。



スポンサーサイト


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://tetsuya1013.blog129.fc2.com/tb.php/1619-3e82404f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)