懐かしい風景を求めて
懐かしいもの、昭和なもの大好きな変わり者です。 旅行に写真にドライブに野球に酒に多趣味な管理人が気ままに書いてます。
プロフィール

ねじまき

Author:ねじまき
中高時代は鉄道好き、大学以降は旅行好き、社会人でカメラに目覚め、ここ数年でまた鉄道熱が復活した管理人です。
表題の通りノスタルジックな風景が大好きで、廃墟・ホーロー看板・木造駅舎・商店街・坂道・酷道などをこよなく愛す変な人です。



閲覧ありがとうございます!



アクセスランキング

[ジャンルランキング]
旅行
165位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
17位
アクセスランキングを見る>>



最新記事



最新コメント



カテゴリ



最新トラックバック



月別アーカイブ



フリーエリア

沖縄 旅行情報
沖縄旅行情報



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



2014.7 西九州鉄道紀行 第7回 甘木駅と、甘木駅
P7192294.jpg

甘木鉄道の終点、甘木駅。11:45着。
構内踏切で木造駅舎へ。
終着駅が木造駅舎というのはイイもんですねぇ。訪問のしがいがあります。

P7192297.jpg

甘木駅(福岡県朝倉市甘木)
1939年、国鉄甘木線の終着駅として開業。
最初は「あまき」駅でしたが、開業半年後に今の「あまぎ」に改められています。
1986年からは甘木鉄道へ。

P7192300.jpg

素敵な近代建築。
駅舎は開業時の竣工(1939年)だそうです。甘木鉄道の本社でもあります。

P7192301.jpg

日中は概ね30分に1本運行されています。

P7192303.jpg

甘木周辺の図がタイルで描かれています。
小石原焼とか有名ですからね。

P7192304.jpg

甘木駅前にこけしっぽい顔が。
調べましたが、特にこけしの産地という訳でもないようです。

P7192305.jpg

甘木鉄道の甘木駅から200mほど離れた場所に、西鉄の甘木駅があります。
こちらにも渋い木造駅舎が残っているので一見の価値あり。

P7192306.jpg

頭端式の島式ホーム1面2線。
駅には大牟田行きの普通列車が停車していました。
ここは支線ですけど、本線へ乗り入れて遠くまで行く列車もあるんですね。

P7192310.jpg

1948年築の西鉄甘木駅・駅舎。
現存する駅舎では西鉄で最古の駅舎になるそうです。

P7192315.jpg

甘木での滞在時間は44分間。2つの甘木駅を見てもまだ時間があるので、
少しだけ町を歩いてみました。次回は甘木の町歩きの様子をお送りします…。



続く

スポンサーサイト


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://tetsuya1013.blog129.fc2.com/tb.php/1626-cb71376b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)