懐かしい風景を求めて
懐かしいもの、昭和なもの大好きな変わり者です。 旅行に写真にドライブに野球に酒に多趣味な管理人が気ままに書いてます。
プロフィール

ねじまき

Author:ねじまき
中高時代は鉄道好き、大学以降は旅行好き、社会人でカメラに目覚め、ここ数年でまた鉄道熱が復活した管理人です。
表題の通りノスタルジックな風景が大好きで、廃墟・ホーロー看板・木造駅舎・商店街・坂道・酷道などをこよなく愛す変な人です。



閲覧ありがとうございます!



アクセスランキング

[ジャンルランキング]
旅行
160位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
16位
アクセスランキングを見る>>



最新記事



最新コメント



カテゴリ



最新トラックバック



月別アーカイブ



フリーエリア

沖縄 旅行情報
沖縄旅行情報



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



2014.7 西九州鉄道紀行 第16回 島原ぶらり~後編
P7192588.jpg

島原の町歩きの続きです。

P7192595.jpg

新町エリアは島原の中でも湧水が多い場所。
「鯉の泳ぐまち」として整備されています。

P7192601.jpg

サンシャイン万町通り。

P7192603.jpg

商店街では土曜夜市が開催中。
簡易ステージなんかも用意され、誰か知らない歌手?が歌を披露していました。

P7192604.jpg

もう日没が近い。
島原のまちなかから見る雲仙。

P7192607.jpg

商店街を抜け、島原のシンボルである島原城へ。
お堀はたくさんのハスで埋め尽くされていました。

P7192609.jpg

広角で撮影する島原城。
深い堀、石垣、どれも立派で見応えアリ。
お城の中も見たかったですが、夕方で公開時間外。
さすがにあれもこれも詰め込む程の時間は取っていないので、仕方ないですね。

P7192611.jpg

日没間際にちょっと見に来たのは、島原城の西側にある武家屋敷エリア。
砂利道の中央に水路が流れる通りは江戸時代の姿を現代に残しています。
流れる水も島原の湧水のようです。

P7192617.jpg

再び島原城。

P7192618.jpg

立派な5層の天守は1964年に復元されたもの。
もとのお城は江戸の世になってから、1618年の築城だそうです。

子供の頃、お城のプラモデルが流行っていましたが、この立派な島原城も
ラインナップにあったような記憶が…。定かではありませんが…。

P7192619.jpg

正面に見えているのが、ゴール地点である島原駅。
でももうちょっと悪あがきを…。

P7192620.jpg

最後に、見たかった物件、「青い理髪館」です。
1923年竣工で、かつては小林理髪館という床屋さんだった建物。
今はカフェとして利用されています。国の登録有形文化財。

P7192623.jpg

今度こそ、ゴールの島原駅へ。

P7192624.jpg

島原駅の駅舎から正面に島原城の姿が見えます。

19:36発の諫早行きに乗り、島原をあとにするのでした。
ある程度乗るので、食料や飲み物をどこかで調達しようと思いましたが、
駅周辺にはそれらしい商店、売店などがなく、結局何も買えず終いでした…。
駅舎内に地元製品を販売するコーナーもありましたが、時間が遅すぎて閉店してました。。。

なお、このあと長崎まで移動して初日は終了となりました。
次回から2日目のスタートです。



続く

スポンサーサイト


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://tetsuya1013.blog129.fc2.com/tb.php/1635-19c03861
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)