懐かしい風景を求めて
懐かしいもの、昭和なもの大好きな変わり者です。 旅行に写真にドライブに野球に酒に多趣味な管理人が気ままに書いてます。
プロフィール

ねじまき

Author:ねじまき
中高時代は鉄道好き、大学以降は旅行好き、社会人でカメラに目覚め、ここ数年でまた鉄道熱が復活した管理人です。
表題の通りノスタルジックな風景が大好きで、廃墟・ホーロー看板・木造駅舎・商店街・坂道・酷道などをこよなく愛す変な人です。



閲覧ありがとうございます!



アクセスランキング

[ジャンルランキング]
旅行
102位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
14位
アクセスランキングを見る>>



最新記事



最新コメント



カテゴリ



最新トラックバック



月別アーカイブ



フリーエリア

沖縄 旅行情報
沖縄旅行情報



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



2014.7 西九州鉄道紀行 第27回 三間坂駅の木造駅舎
P7202987.jpg

祐徳バスはもうすぐで終点の三間坂駅に到着するところで、
特急みどりが駆け抜けて行きました…。
三間坂駅は旧・山内町(現・武雄市)の中心地。

P7202990.jpg

三間坂駅(佐賀県武雄市山内町)
1897年開業。駅舎は1919年築の古い木造駅舎。

P7202992.jpg

2004年頃に改修が行われたそうで、古さを感じさせない小綺麗な駅舎です。

P7202996.jpg

駅前で道路がL字にカーブしていて、駅前には路線バスの転回スペースも取られています。
タクシーの待機場所も確保されていますが、この時は一台も停まっていませんでした。

P7203011.jpg

駅前にはいくつかの商店がありました。ちょうど遅めのお昼、と思ったのですが、
食事になりそうな食糧は買えそうになかったので断念。

P7203002.jpg

ホームは対面式の2面2線。ホームは跨線橋で繋がっています。
中央に留置線が1本あり、現役で使われているんだそうです。
駅舎は北側の上りホーム側。

P7203005.jpg

この時(2014年7月)は業務委託の有人駅でしたが、
2016年3月で無人化されてしまったようです。
経営合理化というヤツでしょうか。駅の温か味が失われてしまうのは残念でなりません。

P7203008.jpg

ホーム側から見る三間坂駅の木造駅舎。
駅構内には多くの植物が植えられていて、非常によく管理されているな、という印象。
無人化された後も手入れはされて行くんでしょうか…。

P7203014.jpg

2011年度、一日平均乗車人員は323人。

P7203022.jpg

どこかで夏祭りでもあるんでしょう。
浴衣姿の女性が列車を待っていました…。

自分もここから再び列車に乗ります。
三間坂駅前12:50着、三間坂13:27発。滞在時間は37分間でした。。。



続く

スポンサーサイト


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://tetsuya1013.blog129.fc2.com/tb.php/1646-dc2c3f28
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)