懐かしい風景を求めて
懐かしいもの、昭和なもの大好きな変わり者です。 旅行に写真にドライブに野球に酒に多趣味な管理人が気ままに書いてます。
プロフィール

ねじまき

Author:ねじまき
中高時代は鉄道好き、大学以降は旅行好き、社会人でカメラに目覚め、ここ数年でまた鉄道熱が復活した管理人です。
表題の通りノスタルジックな風景が大好きで、廃墟・ホーロー看板・木造駅舎・商店街・坂道・酷道などをこよなく愛す変な人です。



閲覧ありがとうございます!



アクセスランキング

[ジャンルランキング]
旅行
157位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
16位
アクセスランキングを見る>>



最新記事



最新コメント



カテゴリ



最新トラックバック



月別アーカイブ



フリーエリア

沖縄 旅行情報
沖縄旅行情報



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



2014.7 西九州鉄道紀行 第30回 有田の町並み~後編
P7203099.jpg

引き続き、有田の町並みです。

P7203102.jpg

札ノ辻交差点。こちらが有田の町並みの中心あたりでしょうか。

P7203105.jpg

札ノ辻交差点から少し入ったところにある、深川製磁本店さん。
1934年築。近代建築の多い有田の中でも特に目を惹く物件でした。
因みにもともとは手前部分だけで、奥に続いているのは増築部分だそうです。

P7203108.jpg

こちらは銘品堂さん。旧名古屋伊勢九九州支店とのこと。

書き漏れてましたが、有田は伝統的建造物群保存地区(伝建地区)に指定されています。

P7203110.jpg

P7203114.jpg

道沿いの窓際に飾られる色鮮やかな有田焼がとても印象的です。

P7203115.jpg

今右衛門窯工場さんは昭和初期の築。
水色の板張りの姿が特徴的。

P7203122.jpg

有田駅まで歩いたのですが、途中、列車の車窓から見えた風景を探して脇道へ。
狭いエリアに何本ものレンガ煙突が生えている風景に魅せられました。

表通りである県道281号線の理容のばやりさんの角を曲がって山徳窯さんを過ぎた先。
ひと目5~6本のレンガ煙突。なかなかな景観でございました。

P7203129.jpg

同じエリアにて。

P7203131.jpg

有田駅はもうすぐ…。意外と遠くて時間的に厳しくなってきて焦りました。
有田の町は上有田駅と有田駅の中間にある、というざっくりイメージがあったので、
町を見ながら両駅を歩けば良いや、と今回のプランを組んだのですが、
いざ歩いてみると、町並みは上有田駅に近い側にかたまっていたので、
後から考えると暑い中無理して歩くこともなかったな…、と思うのでした。。。

P7203132.jpg

やっと着いた有田駅は、ちょっと変わったデザイン。
有田焼の登り窯をイメージしたものだそうですけど、登り窯ってこんなでしたっけ…?

P7203136.jpg

もともと有田焼出荷のために貨物輸送が盛んだった有田駅には、今でも広い構内に
コンテナ集配基地があります。
優等列車全列車が停車し、松浦鉄道への乗り換え駅でもある、主要駅。
ゆっくり撮影してみたい駅ではありましたが、時間ギリギリに着いたので早々に列車へ…。

有田14:56発の特急みどりで、再び早岐へ。。。



続く

スポンサーサイト


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://tetsuya1013.blog129.fc2.com/tb.php/1649-50abbdb6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)