懐かしい風景を求めて
懐かしいもの、昭和なもの大好きな変わり者です。 旅行に写真にドライブに野球に酒に多趣味な管理人が気ままに書いてます。
プロフィール

ねじまき

Author:ねじまき
中高時代は鉄道好き、大学以降は旅行好き、社会人でカメラに目覚め、ここ数年でまた鉄道熱が復活した管理人です。
表題の通りノスタルジックな風景が大好きで、廃墟・ホーロー看板・木造駅舎・商店街・坂道・酷道などをこよなく愛す変な人です。



閲覧ありがとうございます!



アクセスランキング

[ジャンルランキング]
旅行
102位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
14位
アクセスランキングを見る>>



最新記事



最新コメント



カテゴリ



最新トラックバック



月別アーカイブ



フリーエリア

沖縄 旅行情報
沖縄旅行情報



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



2014.7 西九州鉄道紀行 第31回 早岐駅と早岐瀬戸
P7202913.jpg

15:10早岐着。特急みどりとは、ひと区間だけでお別れです。

P7202915.jpg

この時の早岐駅は橋上駅舎化の工事の真っ最中で、構内もゴチャゴチャでした。
構内の向こうの方に古い給水塔が見えました…。
この工事はもう終了していて、実はこれから紹介する早岐駅の木造駅舎も、
既にもう過去の存在になってしまっています…。またかよ(怒)

あの給水塔は今はどうなっているんでしょうか…。。。

P7203139.jpg

P7203142.jpg

早岐駅(長崎県佐世保市早岐)
1897年開業。大村線と佐世保線の接続駅であり、長崎県北部の主要駅のひとつ。
駅舎は開業当初から117年間活躍した立派な木造駅舎でしたが、
老朽化を理由に2014年10月に現役を退き、今は既に取り壊されてしまっています。

P7203143.jpg

2013年度、一日平均乗車人員は1,479人。

P7203145.jpg

P7203149.jpg

洋風な内装、照明など、九州を代表する近代建築の駅舎でしたが、
それがあっさりと橋上駅舎化されてしまった事に対しては、JR九州に対して
少なからず不満を感じています。

P7203152.jpg

早岐駅前に佇む、渡辺歯科医院さん。

早岐では1時間半の滞在時間を確保しているので、町歩きへ…。
その前に、ずっとお昼を食べられていなかったので、駅近くのCoCo壱で遅い昼食を。

P7203160.jpg

早岐は水路のような狭い海峡である早岐瀬戸に沿って細長く続く町。
まちなかを流れる川沿いには、水上にせり出した家々が見られました。

P7203163.jpg

藤津屋本館さんは、歴史ある旅籠。

P7203169.jpg

早岐瀬戸に出ました。このあたりは最も幅が狭いそうです。
対岸は針尾島で、古い格安宿泊施設である潮音荘旅館さんが佇んでいます。

P7203171.jpg

観潮橋の真下は、堤が突き出ていて、ただでさえ狭い早岐瀬戸を更に狭くしています。
その幅10m程度とのこと。さすがに走っても飛び越えられる幅ではありませんが。

P7203182.jpg

干満の差で潮の流れを間近に見ることができます。
ちょうどいい具合の時間帯に行ったらしく、潮がかなりの速さで流れており、
近くで眺めていると引き込まれそうで本能的に怯んでしまうほど。

P7203195.jpg

早岐瀬戸見物の後は、再び駅へと戻ります。
途中、石畳が残る通りもありました。。。
今は静かな早岐・田子の浦界隈ですが、以前はメインストリートだったんでしょうか。

P7203153.jpg

再び早岐駅。ここからは北上して佐世保方面へ。
早岐駅の木造駅舎、今生の別れです…。



続く

スポンサーサイト


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://tetsuya1013.blog129.fc2.com/tb.php/1650-fdb201bf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)