懐かしい風景を求めて
懐かしいもの、昭和なもの大好きな変わり者です。 旅行に写真にドライブに野球に酒に多趣味な管理人が気ままに書いてます。
プロフィール

ねじまき

Author:ねじまき
中高時代は鉄道好き、大学以降は旅行好き、社会人でカメラに目覚め、ここ数年でまた鉄道熱が復活した管理人です。
表題の通りノスタルジックな風景が大好きで、廃墟・ホーロー看板・木造駅舎・商店街・坂道・酷道などをこよなく愛す変な人です。



閲覧ありがとうございます!



アクセスランキング

[ジャンルランキング]
旅行
155位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
17位
アクセスランキングを見る>>



最新記事



最新コメント



カテゴリ



最新トラックバック



月別アーカイブ



フリーエリア

沖縄 旅行情報
沖縄旅行情報



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



2014.7 西九州鉄道紀行 第37回 左石駅の木造駅舎
P7203372.jpg

陽のある時間帯最後の訪問駅は、左石駅。
「ひだりいし」のホーロー看板が迎えてくれました。

19:06着。後続の19:25発の列車まで、19分間のみの滞在です。

P7203363.jpg

左石駅(長崎県佐世保市田原町)
1920年、大野駅として開業。1929年に現在の左石駅に改称。
大きめの木造駅舎は1945年に建てられたものだとか。

P7203362.jpg

駅舎全景。駅前には駐車スペースが広く取られていました。
駅舎が賑やかなのは、食堂とたこ焼き屋が同居しているから、です。
夕食の場所を決めていなかったので、予定を変更してここで食べて行くか悩みました。

P7203365.jpg

天井が高く、そして薄暗い駅舎内。
左石駅は1987年、松浦鉄道に移管されると同時に無人化されています。

P7203366.jpg

駅前はわりと町です。佐世保市郊外ですけど、このあたりは国道204号と498号の
分岐があるなど、交通の要衝なのかも知れません…?

P7203369.jpg

駅舎内に入っているたこ焼き屋さんは完売のようで店仕舞いされていました。
それにしても、日本語として非常に違和感を感じる表現ですよね、コレ。

P7203373.jpg

草が茂る駅構内の様子。
千鳥式に配された2面2線で、ホーム同士は構内踏切で繋がります。
駅舎があるのが佐々・伊万里方面ホーム、上の写真のは佐世保方面ホーム。

裏手には佐世保西高校があるので、学生さんの利用は多いのかな…?
佐世保方面ホームの方に裏口への出入り口があって、自分の滞在中にも
地元の方が駅裏から駅前へ駅構内を突っ切って歩いて行かれました。

P7203376.jpg

ホーム側から見る、左石駅の木造駅舎。
下車して良かった左石駅でした。
予定通り19:25発の佐々行きに乗り込みます。

P7203383.jpg

松浦鉄道の駅には、このような絵が描かれている駅が多いですね。

P7203384.jpg

そろそろ明るさが限界ですね。。。
相浦駅にて、久々に見えた海。

P7203386.jpg

19:47、終点の佐々駅に到着。ログハウス調の三角屋根の駅舎。
佐々は佐世保~平戸間で最大の町ですね。
高校野球ファン的には、清峰高校のある佐々、というイメージが…(汗

P7203388.jpg

だいぶ暗いですけど、まだ青みが残る空。
明かりの灯る島式ホームと青い夜空、とても絵になる光景でした。。

P7203391.jpg

佐々では22分の滞在時間に、駅から少し歩いたところにあるスーパーへ買出しに出ました。

この後は佐々駅から江迎鹿町駅まで移動し、この旅の2日目は終了となりました。
江迎鹿町では、新しいビジネスホテル(HOTEL AZ長崎鹿町店)に宿泊。
キレイな宿でしたが、周囲に店が何もなくて不便ではありましたね…。

はい、それでは次回から旅の最終日である3日目のスタートとなります。。。



続く

スポンサーサイト


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://tetsuya1013.blog129.fc2.com/tb.php/1656-8c7485ba
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)