懐かしい風景を求めて
懐かしいもの、昭和なもの大好きな変わり者です。 旅行に写真にドライブに野球に酒に多趣味な管理人が気ままに書いてます。
プロフィール

ねじまき

Author:ねじまき
中高時代は鉄道好き、大学以降は旅行好き、社会人でカメラに目覚め、ここ数年でまた鉄道熱が復活した管理人です。
表題の通りノスタルジックな風景が大好きで、廃墟・ホーロー看板・木造駅舎・商店街・坂道・酷道などをこよなく愛す変な人です。



閲覧ありがとうございます!



アクセスランキング

[ジャンルランキング]
旅行
115位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
13位
アクセスランキングを見る>>



最新記事



最新コメント



カテゴリ



最新トラックバック



月別アーカイブ



フリーエリア

沖縄 旅行情報
沖縄旅行情報



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



2014.7 西九州鉄道紀行 第39回 最西端・たびら平戸口駅
P7213450.jpg

江迎鹿町から始まった最終日、まずは日本最西端の駅で途中下車です。
たびら平戸口、6:45着。

実際は沖縄・ゆいレールができてからは那覇空港駅が日本最西端の駅になっていますが、
現在は「普通鉄道の」最西端の駅、ということになっています。

P7213448.jpg

たびら平戸口駅(長崎県平戸市田平町)
1935年、平戸口駅として開業。
1989年、松浦鉄道への移管後に現在のたびら平戸口駅に改称。
駅舎からも、もともと平戸口駅だったんだな、ということが見て取れますね。

P7213451.jpg

有人駅のたびら平戸口駅には、猫さんが多く住み着いているようでした。

P7213452.jpg

4列並んだカラフルなベンチ。
駅舎内には売店が営業準備中。
地方駅ですが、まだまだ活気のある感じで好印象ですね。

P7213453.jpg

窓口の営業は9:00から。ということで、7時前はまだ開いていません。
改札の奥には構内踏切、そして島式ホームの向こう側に貨車が見られます。

P7213454.jpg

たびら平戸口の両サイドは中田平と西田平。
ついでに中田平のもう一つ隣は東田平。
ということで「たびら」がつく駅が4駅連続します。。。

P7213456_2016102007121694a.jpg

伊万里方面へカーブしていく鉄路。
朝の光が眩しい。この日も暑くなる予感…(汗

P7213464.jpg

たびら平戸口駅を後にして、ここからバスで平戸の町へ向かいます。
駅の近くにもバス停はあるんですが、この時間は駅から1km弱歩いたところにある
田平港からの便になるので、少し歩きます。

P7213466.jpg

たびら平戸口駅は小高い丘の上にあるので、田平港へは坂道を下ることになります。
松浦鉄道と並走する国道204号線沿いに、商店が点在。

P7213468.jpg

前方に見える赤い橋は、平戸島と九州本土とを結ぶ平戸大橋。

P7213471.jpg

そしてこちらが田平港ターミナルビル。このビルの前が田平港バス停です。
なかなか昭和レトロなビルは、個人的に好みであります。

P7213472.jpg

平戸方面のほか、佐世保方面や松浦方面へのバスが発着。
自分は7:09発(始発)のバスで平戸へ。
自分が乗るバスの前に佐世保行きの便が来て数人が乗車して行きました…。

因みに田平港は名前のとおり港で、平戸市が運行するフェリーが1日1便だけ寄港します。
7:53発の平戸港行きのみ。もう数十分待てば乗れるんですけど、時間の有効利用のため、
バスでの移動を選びました…。



続く

スポンサーサイト


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://tetsuya1013.blog129.fc2.com/tb.php/1658-11ebc207
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)