懐かしい風景を求めて
懐かしいもの、昭和なもの大好きな変わり者です。 旅行に写真にドライブに野球に酒に多趣味な管理人が気ままに書いてます。
プロフィール

ねじまき

Author:ねじまき
中高時代は鉄道好き、大学以降は旅行好き、社会人でカメラに目覚め、ここ数年でまた鉄道熱が復活した管理人です。
表題の通りノスタルジックな風景が大好きで、廃墟・ホーロー看板・木造駅舎・商店街・坂道・酷道などをこよなく愛す変な人です。



閲覧ありがとうございます!



アクセスランキング

[ジャンルランキング]
旅行
182位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
21位
アクセスランキングを見る>>



最新記事



最新コメント



カテゴリ



最新トラックバック



月別アーカイブ



フリーエリア

沖縄 旅行情報
沖縄旅行情報



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



2014.7 西九州鉄道紀行 第44回 的山川内の町並み
P7213659.jpg

伝建地区に指定されているのは神浦集落の方ですが、こちらの的山港界隈にも
ひっそりと素晴らしい町並みが残っています。

P7213661.jpg

こちらの港も神浦と同じく捕鯨の基地として栄えていたようです。
歓楽街もあったとか。現在の静かな離島の風景からはあまり想像がつきませんね。

P7213662.jpg

入江に沿って数本の路地があった神浦に比べると、規模はやはり小さめです。

P7213664.jpg

大好物の木造3階建ての物件。
ゆっくり見て回りたいところですが、15分間で500m歩くので余裕はありません…。
もっとちゃんと時間を取れば、いろいろ発見できた事もあるでしょうに…。

P7213668.jpg

クランクする路地に、龍が描かれた塀がありました。
龍の絵と共に塀に埋め込まれているのは陶器…、有田か伊万里か…?

P7213669.jpg

的山川内集落の中で最もインパクトがあった場所でした。
美しい塀は恐らく比較的最近に作られたものなんでしょうけどね。

P7213675.jpg

ということで、的山大島の探検はこれにて終了。
9:10に島に着いて、11:15発の便で戻ったので、島の滞在時間はわずかに2時間…(汗
さすがに短かったかな…。機会があれば島に泊まるのもありかも知れませんね。

P7213676.jpg

そして再び平戸へ。手前に写っているのは、平戸オランダ商館。

平戸港12:00着。

P7213682.jpg

平戸城は今回眺めるのみ。
平戸桟橋からは再び路線バス(西肥バス)でたびら平戸口駅へ。
平戸桟橋12:10発、平戸駅口12:23着。

P7213687.jpg

平戸口駅前の土産物屋「わたなべ」さんで、お土産にあごの干物を購入して駅へ。

駅では駅舎内に併設されている鉄道博物館(無料)を見学。
松浦鉄道移管前、国鉄/JR松浦線時代の備品などが展示されています。
旧駅事務室を活用した展示場で、かなりこじんまりとしています。

P7213690.jpg

さようなら松浦線。(松浦鉄道への移管は1988年)
古いサボや、各駅の琺瑯看板なども展示されていました…。

さあ、これから再び鉄旅です…。



続く

スポンサーサイト


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://tetsuya1013.blog129.fc2.com/tb.php/1663-e0b714be
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)