懐かしい風景を求めて
懐かしいもの、昭和なもの大好きな変わり者です。 旅行に写真にドライブに野球に酒に多趣味な管理人が気ままに書いてます。
プロフィール

ねじまき

Author:ねじまき
中高時代は鉄道好き、大学以降は旅行好き、社会人でカメラに目覚め、ここ数年でまた鉄道熱が復活した管理人です。
表題の通りノスタルジックな風景が大好きで、廃墟・ホーロー看板・木造駅舎・商店街・坂道・酷道などをこよなく愛す変な人です。



閲覧ありがとうございます!



アクセスランキング

[ジャンルランキング]
旅行
157位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
17位
アクセスランキングを見る>>



最新記事



最新コメント



カテゴリ



最新トラックバック



月別アーカイブ



フリーエリア

沖縄 旅行情報
沖縄旅行情報



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



2014.7 西九州鉄道紀行 第45回 松浦鉄道の車窓から
P7213699.jpg

たびら平戸口12:48発の伊万里行きで、再スタート!
1両のみで運行される列車。
クロスシートを独占できるくらいの利用者数です。

P7213700.jpg

伊万里方面へ海沿いを行くんですが、微妙に内陸側を通るため、
なかなか海を見ることができません。。。写真は中田平駅を過ぎたあたり。

P7213701.jpg

東田平駅。

P7213708.jpg

松浦駅の手前に現れるのは、九州電力の松浦発電所(火力)。
松浦発電所前駅という駅もあります。

P7213711.jpg

たびら平戸口と伊万里の間の最大の駅、鉄道会社名にもなっている松浦に到着。
片面+島式ホームの2面3線。さすが、お客さんの姿も割と多いですね。
草ボーボーではありますが…(汗

ここ松浦では対向列車との交換で5分間の停車時間があったので、駅外へ。

P7213713.jpg

松浦駅(長崎県松浦市)
1933年に志佐駅として開業。今の松浦駅になったのは1959年のこと。
駅舎は2003年に改築されたので結構新しいですね。
「松浦交通センター」の別名があり、鉄道とバスの複合ターミナルになっています。

P7213714.jpg

しっかり有人駅。松浦鉄道の松浦駅ですからね。
駅舎は木が多く使われている印象です。

P7213717.jpg

2010年度、一日平均乗車人員は264人。
2000年頃は500人弱だったので、利用客数は減少傾向です。。。

P7213719.jpg

5分間の休憩を終え、列車は再び伊万里方面へ向かいます。
写真は松浦駅のたびら平戸口方面を向いて撮影。

P7213721.jpg

P7213722.jpg

その後のプランとの兼ね合いで、もう一本くらい後の便になってもokだったので、
このまま伊万里までは移動せず、途中下車をするプランにしました。。。

次回からまた寄り道ネタです…。



続く

スポンサーサイト


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://tetsuya1013.blog129.fc2.com/tb.php/1664-5c506219
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)