懐かしい風景を求めて
懐かしいもの、昭和なもの大好きな変わり者です。 旅行に写真にドライブに野球に酒に多趣味な管理人が気ままに書いてます。
プロフィール

ねじまき

Author:ねじまき
中高時代は鉄道好き、大学以降は旅行好き、社会人でカメラに目覚め、ここ数年でまた鉄道熱が復活した管理人です。
表題の通りノスタルジックな風景が大好きで、廃墟・ホーロー看板・木造駅舎・商店街・坂道・酷道などをこよなく愛す変な人です。



閲覧ありがとうございます!



アクセスランキング

[ジャンルランキング]
旅行
226位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
22位
アクセスランキングを見る>>



最新記事



最新コメント



カテゴリ



最新トラックバック



月別アーカイブ



フリーエリア

沖縄 旅行情報
沖縄旅行情報



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



2014.7 西九州鉄道紀行 第48回 伊万里の町を歩く
P7213784.jpg

伊万里14:55着で15:33発の列車まで38分間の滞在となります。
あまり遠くへは行けませんが、伊万里の市街地を散策します。

まずは伊万里駅。JR筑肥線と松浦鉄道が乗り入れる接続駅。
以前は線路も繋がっていて相互乗り入れも可能でしたが、2002年の駅舎改築により、
道路を挟んで別々の駅舎となってしまい、レールも分断されてしまっています。

P7213785.jpg

駅前から北へ、真っ直ぐ続く駅前通り(唐津街道)を進みます。
しばらく歩けば市街地を東西に流れる伊万里川にぶつかります。

P7213786.jpg

伊万里川に架かる橋には、伊万里焼のオブジェが設置されていて、
橋自体がとても伊万里の特色のある見所のひとつになっていると思います。
写真は伊万里大橋の欄干。

P7213788.jpg

「伊万里津」は陶器の積出港として機能した川港のこと。
「津」は港の意ですからね。

P7213790.jpg

伊万里大橋の対岸には、江戸時代くらいでしょうか?伊万里津が栄えていた頃の
壁画が描かれていました。

P7213794.jpg

伊万里川左岸(南側=駅側)を歩くと、古い割烹なんかもありましたが、
ここは一本南側を通る本町商店街の裏側にあたるようでした。

P7213797.jpg

伊万里大橋の一本東側に架かる、延命橋。

P7213799.jpg

伊万里本町商店街は、以前は長いアーケードが続く商店街だったそうですが、
今は全て撤去されてしまいました。訪問時はそれを知りませんでした。。。
アーケードがあれば、真夏の日差しを免れることが出来たんでしょうね。

P7213807.jpg

昔ながらの商店が並ぶ商店街。
少しレトロな建物は、アーケードが無くなったから全容が見やすくなった、とも言えます。

お昼の暑い時間帯で、おもてを歩く人も少なめ。

P7213809.jpg

銀寿司さん、東の方に神社の鳥居が見えました。

P7213811.jpg

広い町名だと伊万里町甲というエリアになりますが、この町名は駅前の結構広範囲を
カバーしており、伊万里町甲の中に元町や今町、浜町という地名がくっついています。
写真の場所は伊万里町甲今町。(正式には伊万里町甲)

P7213818.jpg

伊万里町甲浜町の裏路地で見つけた中央市場。
残念ながら閉鎖の貼り紙が…。結構最近ギリギリまで営業されていたようですが…。

少し寂しい気持ちになりながら、時間切れなので伊万里駅に戻ることに。

乗り込む15:33発の列車は、再び佐世保方面。
ちょっと気になる駅を訪問しに少し戻ります…。



続く

スポンサーサイト


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://tetsuya1013.blog129.fc2.com/tb.php/1667-77058537
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)