懐かしい風景を求めて
懐かしいもの、昭和なもの大好きな変わり者です。 旅行に写真にドライブに野球に酒に多趣味な管理人が気ままに書いてます。
プロフィール

ねじまき

Author:ねじまき
中高時代は鉄道好き、大学以降は旅行好き、社会人でカメラに目覚め、ここ数年でまた鉄道熱が復活した管理人です。
表題の通りノスタルジックな風景が大好きで、廃墟・ホーロー看板・木造駅舎・商店街・坂道・酷道などをこよなく愛す変な人です。



閲覧ありがとうございます!



アクセスランキング

[ジャンルランキング]
旅行
123位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
14位
アクセスランキングを見る>>



最新記事



最新コメント



カテゴリ



最新トラックバック



月別アーカイブ



フリーエリア

沖縄 旅行情報
沖縄旅行情報



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



2014.12 富山地鉄と高山線と 第3回 釜ヶ淵駅の木造駅舎
PC271712.jpg

榎町駅から2駅戻って釜ヶ淵駅で下車します。
このあたりは木造駅舎が特に集中しているように思います。

PC271713.jpg

釜ヶ淵駅の駅前風景。

PC271711.jpg

釜ヶ淵駅(富山県中新川郡立山町寺坪)
1921年開業。駅舎がいつからのものかは不明ですが、多分開業当初からのもの?
駅舎は2007年に一度お色直しを受けているようですが、個性的なマンサード屋根などは
損なわれることなく気を使って貰ったみたいですね。

PC271715.jpg

駅を出る時に見える光景。
道路を挟んだ向こう側には柿の木が。

PC271716.jpg

漫画本がたくさん常備されていました。
これで待ち時間も退屈しません、かね。

PC271718.jpg

無人駅である釜ヶ淵駅。窓口などは全て塞がれてしまっています。
2010年度、一日平均乗車人員は233人とのこと。

PC271719.jpg

誰が描いた絵でしょうか、釜ヶ淵駅の木造駅舎の素描が飾られていました。

PC271722.jpg

最後にもう一度、外観をパチリ。
富山地鉄っぽいデザインの素敵な木造駅舎でしたね。

PC271726.jpg

片面ホームに入線する電鉄富山行き普通列車。これに乗って去ります。
因みに反対側にホームらしきものが見えますが、これは現在は使われていないホーム。
かつては対面式の2面2線でしたが、今はレールも剥がされています…。

釜ヶ淵には7:43着で7:53発。滞在は10分間のみでした。

PC271728.jpg

今度は寺田から乗り換えて本線へと入って行きます…。



続く

スポンサーサイト


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://tetsuya1013.blog129.fc2.com/tb.php/1705-18d4d1b3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)