懐かしい風景を求めて
懐かしいもの、昭和なもの大好きな変わり者です。 旅行に写真にドライブに野球に酒に多趣味な管理人が気ままに書いてます。
プロフィール

ねじまき

Author:ねじまき
中高時代は鉄道好き、大学以降は旅行好き、社会人でカメラに目覚め、ここ数年でまた鉄道熱が復活した管理人です。
表題の通りノスタルジックな風景が大好きで、廃墟・ホーロー看板・木造駅舎・商店街・坂道・酷道などをこよなく愛す変な人です。



閲覧ありがとうございます!



アクセスランキング

[ジャンルランキング]
旅行
157位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
17位
アクセスランキングを見る>>



最新記事



最新コメント



カテゴリ



最新トラックバック



月別アーカイブ



フリーエリア

沖縄 旅行情報
沖縄旅行情報



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



2014.12 富山地鉄と高山線と 第9回 愛本駅の木造駅舎
PC271905.jpg

ずっと曇り空でしたが、ここに来て太陽が顔を出し始め、一気に景色が眩しくなりました。
内山駅からひと駅戻って愛本駅で下車です。愛本11:20着。

PC271906.jpg

愛本駅(富山県黒部市宇奈月町内山)
1923年開業。2014年度、一日平均乗車人員は226人。
外壁は白い板材で屋根も雪で白いので真っ白く見えますね。
屋根は実際は青色です。

PC271907.jpg

待合室内には木製ベンチがたくさん並べられています。
多くの沿線の駅がそうであるのと同じく、ここ愛本駅も無人化されています。

PC271908.jpg

駅舎からホームへの出入口は少し斜めになっているのが特徴。
非常に幅が狭いので、大荷物は引っかかりますね。

PC271909.jpg

ワシントン靴店の看板が目を惹きます。
女性の後ろ姿にレトロな美しさを感じますね。

PC271910.jpg

錆びた案内地図。
駅前には大きく変電所があるほか、なんと宇奈月町役場があります。
宇奈月町は黒部市に合併されたので、正確には「ありました」ですかね。。

でも黒部市役所宇奈月庁舎に名を変えて、今でも役所としては存在しています。

PC271912.jpg

駅前にある関西電力の新愛本変電所。
もともと愛本駅自体、発電所建設の資材輸送を目的として設置されたという話です。

PC271913.jpg

駅近くを通る県道13号線に、黒部市役所宇奈月庁舎はあります。
周辺は民家はまばらで集落とも言えないレベルの場所ですが、ここに役所が置かれたのは
旧宇奈月町において地理的にここら辺が中心だったというのが理由だとか。

PC271915.jpg

横から眺めると、青い屋根だということが分かりますね。
背が高く、屋根裏部屋でもありそうな、洋風な感じもする愛本駅舎です。
この三角屋根はマンサードと呼んで良いんでしょうかね…。

PC271918.jpg

かつては対面式の2面2線で交換可能な駅だったそうですが、今は1面1線のみ。

ここからは有料特急(特急券110円)で宇奈月温泉を目指します。
愛本11:44発なので、滞在時間は24分間でした。

因みに、この旅は2014年12月のもの。その後2015年春に北陸新幹線が開業するなどあり、
現在はダイヤがいろいろと変更になっているようですね。
優等列車も再編されたみたいで、浦山駅や愛本駅も通過するようになったそうです…。

PC271924.jpg

川幅の広い黒部川、対岸を行く県道を眺めながら列車は進みます。
もうそろそろ、終点の宇奈月温泉駅です…。



続く

スポンサーサイト


コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
→http://tetsuya1013.blog129.fc2.com/tb.php/1711-32255168
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)